エスペラント/文法/分詞

分詞についてです。英語には、-ing(現在分詞)と-ed(過去分詞)がありましたね。それぞれ意味は、~している~されたという意味でした。同じような言葉(変化)が、エスペラントにもあるのです。

受動(過去)分詞編集

エスペラントでは、過去分詞のことを受動分詞といます。意味は同じで、~されたという意味です。

作り方は次の通りです。(書くの場合)

verk-i   →verk-at →verk-at -a →verkata(書かれた)

このように、語根と語尾の間に、分詞を表す言葉をつけることであらわします。この、分詞を表す言葉、というのには3つあって、それぞれ、次のような意味があります。

受動(過去)分詞
言葉 例(書くの場合)
進行(~されている) -at- La libro verkatis de mi.(その本は私によって書かれていた)
完了(~された) -it- la libro verkitas de mi.(その本は私によって書かれた)
未然(~されようとしている) -ot- La libro verkotis de mi.(その本は私によって書かれようとしていた)

進行は、~している。つまり、たった今(もしくはその当時)されていたことを表します。また完了は、その時すでに終わっていることを表します。そして、未然は、その時されようとしていること、まだされてはいないようなことを表しています。このことについて、簡潔に、相と時制の項にまとめましたので、そちらをご覧ください。

受動態編集

また、受動分詞を使うことによって、受動態の文を表すことができます。表し方は、esti + 受動分詞です。

Zebro estas manĝata de liono.(シマウマは、ライオンによって食べられている。)

能動(現在)分詞編集

受動分詞の次は、能動分詞です。こちらも、作り方は同じです。

verk-i → verk-ant-a → verkanta

また、こちらも、3つの相が存在します。ですから、3種類の言葉を使い分けることになるのですね。

 能動分詞
 言葉  例
進行(~している) -ant- Mi verkantis la libron.(私はその本を書いていた)
完了(~した)  -int- Mi verkintis la libron.(私はその本を書いた)
未然(~しようとしている) -ont- Mi verkontis la libron.(私はその本を書こうとしていた)

実は、受動分詞の間に、nが入った形なんです。

ちなみに、エスペラント(esperanto)という言葉にも、分詞が使われています。esperi(希望する)が分詞になり、それに名詞語尾がついているのです。

相と時制編集

時制というのは、過去・現在・未来といった、時間のことでした。

相というのは、行為がどの程度進んだかを表したことです。

たとえば進行相だったら、今行われています。完了相であれば、もうすでに終わっています。未然相であれば、今まさに始めようとしていることです。

この、相と時制を表すため、どのような方法を使えばいいのでしょうか。

まず、estiと併用する方法です。

Mi estis verkinta la libron.(私はその本を書いた)

この例では、estiが過去の時制であることを示し、intが、完了相 であることを示しています。ちなみに、la libro(その本)を修飾するために、形容詞語尾-aがついています。

次に、動詞だけを使う方法です。

Mi verkintis la libron.(私はその本を書いた)

この例では、動詞(この場合では、分詞がそれです)の-isが過去であることを、-int-が完了相であることを示しています。

変化まとめ編集

 分詞の変化
 相  受動分詞  能動分詞
 進行 -at- -ant-
完了 -it- -int-
未然 -ot- -ont-