エスペラント/文法/形容詞

概要編集

エスペラントの形容詞は必ず"-a"の形で終わります。

例)bona(善い) bela(美しい)

よって、

Mi laboras en bela ejo.(私は美しい所で働いています。)

のような文を見たときに、-aで終わっている"bela"は形容詞ではないかと言う予想を簡単に立てることができます。

但し、冠詞の"la"やその他の品詞にも-aで終わるものがあるので注意が必要。

格変化編集

エスペラントの形容詞は名詞に似た変化 (曲用)をします。

bela knabino (美しい少女)を例に、変化を表にします。

単数複数
原型bela knabino (美しい少女)belaj knabinoj (美しい少女たち)
対格形belan knabinon (美しい少女を)belajn knabinojn (美しい少女たちを)

つまり、語尾だけに着目すると以下の表のようになります。

単数複数
原型(原型)-j
対格形-n-jn

代名詞編集

代名詞は、語尾が-oである一般名詞とは違うので、形容詞にする方法も少し異なります。

  • mi (私) → mia (私の)
  • li (彼) → lia (彼の)

と、-aをそのままつけることで所有の意味を表すことができます。また、格変化も通常の形容詞と同様の接尾辞をつけます。