メインメニューを開く

社会主義国家・共産主義国家をネタにしたジョークである。非効率・官僚主義秘密警察独裁体制などがその主なテーマとなる。第二次世界大戦後に発展したジャンルだが、近年は共産主義の衰退により新しいジョークが作られることが少なくなっている。

  • ある男が、「ゴルバチョフは馬鹿だ、ゴルバチョフは馬鹿だ」と大声で叫びながら赤の広場を走り回った。彼はただちに逮捕され、裁判では二十三年の重労働刑を言い渡された。三年は党書記侮辱罪に対してであり、二十年は国家機密漏洩罪に対してであった。(これはもともとフルシチョフがアメリカで自分をネタに披露したジョークである。時代によりブレジネフアンドロポフなどにその名前が変化する)
  • 刑務所の中で
    A「俺は華国鋒に反対してここに送られた」
    B「ワシは華国鋒に賛成して捕まった。全くこの国の政治はよくわからん」
    C(熱心にうなずいて)「全くだ」
    AとB「そういうアンタは?」
    C「うん、私が華国鋒だ」