中学校国語 漢文/元二の安西に使ひするを送る

元二(げんじ)の安西(あんせい)に使ひ(つかい)するを送る   王維(おうい)

本文編集

書き下し文編集

渭城ゐじやう朝雨てうう軽塵けいぢんうるほ

客舎かくしや青青せいせい柳色りうしよくあらたなり

きみすすさらくせ一杯いつぱいさけ

西にしのかた陽関やうくわんづれば故人こじんからん

口語訳編集

※ 予備知識 旅立つのは友人・元二であり、王維ではない。

(友人・元二との別れの日、)渭城に、朝、降った雨が、土ぼこりを潤して、

旅館のそばの柳の木は、(葉が)青々として色も鮮やかだ。

さあ、君に勧めよう、(すでに飲みあかしたが)さらに、もういっぱいの酒を飲もうではないか。

西のほうにある関所の陽関を出てしまったら、(君のような)親しい友人も、もう、いなくなるだろうから。


  • 語注
元二 ・・・ 王維の友人。
渭城(いじょう) ・・・ 地名。街の名前。渭水(いすい)の近くにある街。
朝雨 ・・・ 朝の雨
軽塵 ・・・ 軽い塵。土ぼこり、など。
客舎(かくしゃ) ・・・ 旅館
陽関 ・・・ 関所名。敦煌(とんこう)の西にある。
故人(こじん) ・・・ 古くからの友人。 (※ 日本語の「故人」とは意味が違い、「死んだ人」の意味ではない。)



(左から右に読んでください。)

渭 城 朝 雨 浥 軽 塵
客 舎 青 青 柳 色 新
勧 君 更 尽 一 杯 酒
西 出 陽 関 無 故 人


解釈編集

前半の二句

渭 城 朝 雨 浥 軽 塵
客 舎 青 青 柳 色 新

は、友人の出発を祝う句。


後半の二句

勧 君 更 尽 一 杯 酒
西 出 陽 関 無 故 人

は、別れをさびしんでいることを表現した句。

形式編集

七言絶句