中学校技術/実習での注意事項

技術や技能の詳細を説明する前に、まず実習の心構えや注意事項を説明しよう。

  • 作業時の注意は、本書よりも、まず教員など、あなたの学校の管理者の指示を優先してほしい。

本書では、一般的な例として、作業時の注意や心構えを述べる。

実習での注意事項編集

  • 教員などの作業管理者の指示は、きちんと聞く。鉄則である。

工業実習での注意事項編集

心構え
  • まず、工具で、遊んだりしない。鉄則である。
  • 工具は、使用目的以外には用いない。たとえばノコギリは、切断のためだけに使い、けっして、ノコギリを重りの代わりにしたり、定規の代わりにしたりはしない。


授業前の心構え
  • 実習室には、なるべく授業前に時間的余裕を持って入る。
実習室には、危険な機器なども置いてある場合があるので、授業前に走って実習室に集まられると、走って転んだりされると事故のおそれがあるので、とても危険です。
  • 授業には遅刻をしない。
万が一、もし実習に遅刻をしたら、簡易的な連絡(たとえば「遅刻をしました。ごめんなさい。」など)でいいから、とにかくキチンと教員に報告をしてから、そのあとに実習作業を始めさせてもらうように頼むこと。
けっして、黙って作業を始めてはいけない。なぜなら、作業前の教員による安全確認に支障が出るからである。
同様に、だまって早退しないこと。もし何らかの理由で、早退する必要が生じた場合は、キチンと担当教員に報告すること。


移動の際の注意
  • 実習室の中では、けっして走らない。鉄則である。

実習室内にいるときだけでなく、実習室に入るときも走らないこと。実習室の中で作業をしている人とぶつかる危険があります。実習室の近くでも走らないこと。

  • 移動の際に、電気ケーブルやロープなどのケーブル類は、踏まないように注意すること。足が引っかかって転ぶと危険です。また、踏むことでケーブル類が劣化します。


服装について

学校から工業作業用の作業着などが指定されている場合は、実習時には、指示通りの服装で作業着を着る。
作業に不適切な服装は、事故のおそれがあり、とても危険です。
上履きや作業靴などの履物も、指示通りに着用してください。
そのほか、作業によっては帽子など他の装着物が指定される場合もあります。担当教員の指示通りに着用してください。

禁止される服装

厳禁の服装として、マフラーは厳禁である。危険です。たとえば、電動機や工作機械などを用いる場合に、回転部分にマフラーが巻き込まれる恐れがあります。 同様にタオルなども身につけないでください。タオルも厳禁です。 また、このような、巻き込まれる恐れのある服装をしないでください。

脱いだ上着を腰巻きみたいに巻く服装も、マフラーと同様の理由で、機械に巻き込まれたら危険なので、腰巻き上着も厳禁です。

たとえ電動機や工作機械などを用いない場合でも、中学校技術科の木工や機械加工や電気関係の実習では、マフラーのような垂れるものを、けっして身につけないでください。 もし実習室の温度が寒くて、あなたの安全に支障がある場合は、教員に相談してください。


髪型も注意事項に入ります。長髪の人は、髪が機械に巻き込まれないような髪型をしてください。女子生徒などの髪型に対しては、教員からの指示があると思いますので、それにしたがってください。


手袋(保護用)に関して

保護用の手袋に関しては、教員などの指示のある場合以外は、身につけないでください。 工作機械を用いるとき、もし手袋が機械に巻き込まれると、手袋と一緒に、手が巻き込まれる場合があります。 このような理由から、指示のあるとき以外は、工業実習では手袋を付けないです。

作業の種類に応じて、保護用の手袋が必要かどうかが変わります。


そのた、注意事項
  • ハサミを受け渡すときは、刃を閉じて、刃のほうを持って、柄のほうを相手に受けて渡す。


他にも、多くの注意事項が有るが、説明しきれないので、教員の指示や、学校の教科書や専門書などを参考にしてほしい。