中学校社会 地理/雪と氷の多い地域での暮らし

シベリア

イヌイットという人々編集

 
現代のイヌイットの服装。
 
伝統的なイヌイットの服装。
 
イヌイットの家族
(1917年の雑誌"National Geographic Magazine"より)
 
イグルーの例
 
イグルー内部

カナダ北部やアラスカには、イヌイット(英:Inuit イヌイト)が暮らしている。この地域は、一年の大半は雪や氷に覆われてるが、夏の間だけ、わずかな時期だが、雪や氷に覆われない時期もある。このような、1年の大半が雪や氷におおわれ、気温もそれほど高くならない場所のことを 寒帯(かんたい) と言う。


イヌイットは、昔は、定住せずに、獲物(えもの)の動物のいる地方へ移動する日々だった。この地域では、木が育たず、草もほとんど育たず、田畑が作れないので、食料は動物の肉が中心になる。

イヌイットの昔ながらの住居は、季節によって変わり、夏の住居は、アザラシの皮でつくったテントであり、冬の住居は氷と雪で作ったドーム型のイグルー(英:igloo)に住んでいた。

ただし、現代ではイグルーには長期滞在はせず、狩りの時などに一時的に居住しているだけである(※ 参考文献: 小5社会の日本文教出版の検定教科書の上巻 )。


伝統的な食料は、野生のトナカイ(カリブー)の肉、アザラシの肉、サケなどの魚だった。肉は生肉を食べる。この地域は、野菜が育たない地域なので、ビタミン不足になりやすく、イヌイットはビタミンを取るために生肉を食べるのである。

夏はトナカイを狩り、冬はアザラシを狩っていた。食料は、貯蔵庫に保管もする。

トナカイやアザラシの毛皮は、衣服や靴などの材料にも、なった。きばや骨は、道具の材料になった。

1960年代ごろから、カナダ政府はイヌイットに定住化をすすめ、今では都市に定住する人も増えた。イヌイットの食事も、商店などで加工食品を買うこともある。

イヌイットの昔の乗り物は犬ぞりだったが、今では乗り物はスノーモービルである。 狩りの方法も、昔は弓矢だったが、今ではライフル銃を使うこともある。

今では、電化製品も普及しており、都市の住居にはテレビやインターネットなどもある。

◎寒帯の特徴

○気温が0度以下の日が長く、一年の大半は雪と氷に覆われている。

○夏に太陽が沈まない。

○冬は太陽が昇らない日が何日も続く。

○降水量が少ない。

○植物はわずかな草とコケしか生えない。

○移動はスノーモービルや犬ぞりを使っている。

○気温が低い。