初等幾何学は、人間の直感に最も当てはまる幾何学である。直線や面や点といった概念は本能的に分かるものだし、そういったものを厳密に議論しようとして発生した学問である。

「初等」とついているからといって決して簡単なわけではない。