古典ラテン語/形容詞の変化

形容詞の変化について編集

ラテン語の 形容詞 は、名詞と同様にという性質を持ち、名詞に合わせて性・数・格が変化する。


下表に、古典ラテン語の名詞の代表的な語尾変化を挙げる。

形容詞のおもな語尾変化
第一・第二変化 第三変化
(名詞の性) 男性 女性 中性 男・女 中性
(単語例) bonus
(良い)
fortis
(強い)
単数 主格 -us -a -um -※ -e (※)
属格 -ī -ae -ī -is -is
対格 -um -am -um -em - e (※)
与格 -ō -ae -ō -ī -ī
奪格 -ō -ā -ō -ī -ī
複数 主格 -ī -ae -a -ēs -ia
属格 -ōrum -ārum -ōrum -ium -ium
対格 -ōs -ās -a -ēs (-īs) -ia
与格 -īs -ibus
奪格 -īs -ibus

(注) 第三変化の ※印 は、単語ごとに語尾の形がさまざまであることを示す。

第一・第二変化形容詞編集

第三変化形容詞編集


脚注編集


参考文献編集

関連項目編集

関連記事編集

英語版編集

英語版ウィクショナリー