メインメニューを開く

司法試験(しほうしけん)とは、日本における法曹資格付与のための試験の1つであり、平成14年法律第138号(司法試験法及び裁判所法の一部を改正する法律)による改正後の司法試験法に基づいて行われる資格試験。及第点に達していれば合格者数無制限の免許試験ではなく、司法修習生を選考する採用試験である。詳しくはw:司法試験 (日本)を参照のこと。

司法試験を受験するためには、法科大学院課程を修了、または、司法試験予備試験の合格のいずれかが必須条件である。法科大学院を修了した者は、その修了日後5年以内あるいは予備試験合格後5年以内であれば、回数の制限なく受験することができる。

司法試験は、短答式による筆記試験(短答式試験)及び論文式による筆記試験(論文式試験)から構成される。