周期律と元素の諸特性/典型元素/アルカリ金属元素

アルカリ金属とは、水素を除く、周期表第1族の六つの元素、Li(リチウム)、Na(ナトリウム)、K(カリウム)、Rb(ルビジウム)、Cs(セシウム)、Fr(フランシウム)を指す。  基底状態の最外殻電子配置は(ns)1(n=2,3,・・・,7)であり、s電子を一つ失って、1価のカチオンになりやすく、自然界に存在するアルカリ金属はすべて酸化数+Iの状態である。


炎色反応編集

このページ「周期律と元素の諸特性/典型元素/アルカリ金属元素」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。