編集

共通語の「だ」に相当。

  • 名詞・形容動詞の後につく場合、名詞・形容動詞の後にそのまま「や」をつける。
それは犬や。 HHH HLL
それは犬だ。
ほんまきれいや。 LLH HLLL
本当にきれいだ。
  • 動詞・形容詞の後につく場合、「んや」を使う。
その仕事は今するんや。 HH HHHH LH HHLL
その仕事は今するんだ。
外はほんま寒いんや。 LHL LLH HLLLL
外は本当に寒いんだ。

ねん編集

  • 名詞・形容動詞の後につく場合、「や」+「ねん」の形で使用する。
あの白い建物は病院やねん。 HH HLL LHLLL HHHHLLL
あの白い建物は病院なのだ。
言うんは簡単やねん。 HHLL LLLHLLL
言うのは簡単なんだ。
  • 動詞・形容詞の後につく場合、そのまま「ねん」をつける。
明日行くねん。 HHH HHLL
明日行くんだ。
こっちから行った方が早いねん。 LHHL HLLLL HLLLL
こっちから行った方が早いんだ。
  • 最後が「る」で終わる動詞(似るなど)の後につく場合、動詞の最後の「る」を「ん」に変化させてもよい。
子ぉは親に似んねん。 HHH LHL HHLL
子供は親に似るんだ。

編集

共通語の「よ」に相当。

  • 名詞・形容動詞の後につく場合、「や」+「で」の形で使用する。
尼は兵庫やで。 LHL HHLLL
尼崎は兵庫だよ。
  • 動詞・形容詞の後につく場合、そのまま「で」をつけるか「んや」+「で」の形で使用する。
それはちゃうで。 HHH HHL
それは違うよ。
こうするんやで。 HH HHLLL
こうするんだよ。
  • 「で」の前に「ねん」を置くことも可能であるが、「んや」+「ねん」+「で」は不可。
それが大事やねんで。 HHH HLLLLLL
それが大事なんだよ。
この果物、めっちゃ甘いねんで。 HH LHLL LH HLLLLL
この果物、とても甘いんだよ。

編集

軽い断定を表し、大阪弁においては老若男女問わず使用される。

  • 名詞・形容動詞の後につく場合、「や」+「わ」の形で使用する。
これがおすすめやわ。 HHH LLLHLL
これがおすすめだよ。
  • 動詞・形容詞の後につく場合、そのまま「わ」をつけるか「んや」+「わ」の形で使用する。
今日は休むわ。 LHL HHHL
今日は休むよ。
これ、ほんまうまいわ。 HH LLH HLLL
これ、本当においしいよ。
そこがええんやわ。 LHL LHLLL
そこがいいんだよ。