メインメニューを開く

単語が大切編集

基本的には、中学レベルの英単語・英熟語をキチンと書き取り練習して覚えることが重要だ。

なお、検定教科書では、けっして中学範囲すべてを紹介してない。なので、市販の参考書と単語集などで、中学範囲を確認し、単語集を中心に書きとり練習すること。


いっぽう、もし文法問題がどうしても苦手でも、最悪の場合、単語さえキチンと普段から書きとり練習していれば、英語の学力は、そのうちどうにかなる。

熟語ももちろん大切なんだが、中学のうちは、あまり単語と熟語を区別する必要もない。

なので、とりあえず、高校受験用の英単語集などを買ってきて、キチンと書き取り練習などをして、覚えよう。

単語集の使いかた編集

高校3年から単語集を使いはじめた場合、単語集の中盤あたりのページから、書きとり練習しよう。

前半のページの単語は、すでに学校のテスト対策などでも練習済みだろうから、そういう前半の簡単な基礎単語の練習は、あと回しをするべき。

前半部分の飛ばした単語については、もし問題集や模擬試験などで、自分の苦手な基礎単語が判明したら、そういう単語だけ復習するべき。

けっして、前半の基礎単語ばかりを練習していて、後半の発展的な単語を練習できない、なんてことには、なってはならない。

いっそ、前半部分については、いったん単語集をさいごまで終えても、前半部分には戻らず、そのまま前半部分の勉強を飛ばしてしまい、つぎの勉強としては、高校英語の入門レベルの英単語集・英熟語集を先取り学習で始める・・・ってのもアリ。

難関高校の英語について編集

英語の場合、そこそこの難関校でも、高校1年ていどの範囲の英単語などが出ることがあるので、もし受験に高校英語が必要ならば、高校生用の英単語集・英熟語集などで、かるく勉強しておこう。(あまり高校英語に本格的に深入りする必要はない。それよりも、国語・数学・理科・社会などの他の教科の受験勉強で中学レベルをきちんと勉強することのほうが大切。)

さすがに大学受験レベルの範囲までは高校入試には出ないだろうから、もし高校用の単語集・熟語集を買う場合は、やや易しめのレベルの単語集・熟語集を買うのが、高校入試用としては良いかもしれない。

高校の参考書の場合、熟語集と単語集が別売りなので、注意。両方とも買っておこう。

高校受験用には、高校の単語集よりも、やや熟語集を重視しておくと、トクかもしれない。なぜなら、熟語のほうが使用頻度が高いので。

仮に、大学受験の難関レベルの範囲の英単語・英熟語・英文法などが出題されたとしても、中学生には他教科の勉強時間も必要なので、そこまで英語ばっかり対策する時間も足りないので、そういう中学範囲を大きく逸脱した出題は無視したほうがよい。

文法問題や発音問題など編集

文法編集

なお、文法問題の対策は、反復練習をして、基本問題は機械的に解けるぐらいにしておこう。とにかく、まずは問題集などを買ってきて、一通り、基本的な問題を終わらそう。難関校むけの問題集より、まずは受験標準レベルの問題集を終わらすのが先である。

もし、難関高校の問題集で文法問題対策に深入りしようとするくらいなら、それよりも、高校の単語集・熟語集の入門レベルの書籍を買ってきて予習したほうが良いだろう。

発音編集

発音問題も、受験用参考書や問題集などを見れば書いてあるので、キチンと練習しておこう。

あまり、正確な発音にコダワル必要もない。参考書や標準問題集に書いてあるていどの発音の理解で、かまわない。

標準問題集以上に発音に深入りするぐらいなら、単語の先取り学習を、高校単語集で勉強するほうがマシ。

英会話やヒアリングなど編集

高校入試では、面接官と英会話をすることは、まず無い。

会話文の読解問題などは筆記試験で出題されることがあるが、その対策なら、参考書の例文書きとりや、標準問題集などで、充分である。

ヒアリングは、筆記試験中に出題されることが、ありうる。 しかしヒアリング対策なら、単語集や参考書などを書きとり練習して単語力などを増やしてくうちに、しぜんにヒアリング力も身に付くので、あまりヒアリング対策に深入りする必要は無い。

ときどき、参考書付属のリスニングCDなどを聞けば充分である。むしろ、リスニングCDを聞かなくても、どうにかなるかもしれない。

むしろ、単語の知識のほうが、大切である。

もし単語の意味を知らない人が、入試中にリスニング問題で、その単語の発音を聞いたところで、単語を知らないので、そもそも理解できないから、である。