• 以下の記述は高校地理を独学することを前提としています。
  • 高校地理に限ったことではありませんが、現役の高校生(特に1年生・2年生)は、宿題に取り組む、検定教科書や副教材をしっかり読む、不明点は学校の先生に質問するなどをきちんとこなすことが大切です。もちろん授業外での自習も必要です。くれぐれも、以下の記述を鵜呑みにせず、自身の理解状況を正しく認識して各自学習に取り組むようにしてください。ただし、本ページを参考程度として活用するのは一向に構いません。

高校地理は中学で習わない新内容も編集

高校の地理では、中学校の地理では習わない数多くの学習事項や用語もあります。 中学校での社会科地理分野では地誌分野を主に学習してきたと思います[1]。しかし、高校地理では系統地理分野の比重がかなり増加します[2]。この他、地誌分野の学習事項も増えます[3]。このため高校用の教材が必要です。中学で使用した教科書や参考書では不十分です。高校での検定教科書や参考書などで、高校地理の基礎知識を頭に入れる必要があります。

情報の入手編集

高校の地理の教科書は、各テーマに関し、具体例をあげつつ、基本事項をまとめています。 具体例の記述の部分と、理論的な説明の部分とを、見分け、それぞれを頭にいれます。また具体例については、その内容を抽象化し、それを他の類似のものにもあてはめる、という扱いをとります。例えばこのようなことが、教科書の有効なあつかいとしてあります。また『用語集』は各社の教科書の内容を横断的に網羅しているので便利です。

地図帳は帝国書院『新詳高等地図』が詳しいとされています。地図だけでなく、各種のデータが図示されているので、所在地の特定に加え、データをもとにそこの環境的条件を確認出来ます。数値的データについては、帝国書院『地理統計』や二見書店の『地理統計要覧』にまとめられています。ある産業や地域の歴史的経緯については、日本史・世界史の教科書を参考に出来る事柄もあります。

より細かい具体的情報を得るには、各地の農業組合のホームページや、行政地域内の各種産業について載せる都道府県庁・市区町村役所のホームページが利用出来ます。新聞の各ページにも地理に関わる多く記事があります。

地理の大学入学共通テスト過去問集は、サイズ(判型)の大きめの書籍で編集

地理の入試問題では、地図などを読み取る問題もありますが、過去問集のサイズ(判型)が小さいと、縮小コピーされてしまい、記号などが潰れてしまっていたりして、あまり役立ちません。

このため、ややサイズ(判型)の大きめの問題集を購入する必要があります。

教学社の赤本は、地理の地図読み取り問題の練習では、縮小コピーされてしまっており、役立ちません。出題傾向を調べるだけに留めるか、問題練習したいなら他社の過去問集にしましょう。

大学での教科書や学術書は不要編集

地理の場合、日本では大学に地理学科は少なく、そのため、あまり改訂が活発ではなく、統計などが古くなってしまってる場合もあります。

よって、大学レベルの教科書は、ほぼ不要です。

時事的な話題については、大学レベルの学術書よりも、高校の検定教科書のほうが新しい場合も多くあります。

なので、高校地理の教科書を読みましょう。

もし、大学合格後や就職後に、検定教科書を越えた内容を勉強したいなら、当面は参考書を読みこなせば良いだけです。

また大学入試問題は、学習指導要領(およびそれに基づいて作成されている検定教科書)を逸脱した出題はなされないので、受験対策としても、大学レベルの教材は、必要性が薄いと思います。

なお、大学レベルの本は、一般の書店に置かれていないことも多いので、もし入手する場合には、取り寄せて購入するなり、図書館で読むなりすることとなると思います。

脚注編集

  1. ^ このため、日本の各地方・世界の各地域を単位とした学習をしてきたことと思います。
  2. ^ 地形・土壌・気候・農牧業・鉱業・工業・集落と都市・環境問題などの形でテーマ分けし、理論的な学習や、個々の現象を一般化した学習も行います。
  3. ^ 東南アジアでの産業政策・中東での紛争と外交史(中東戦争など)なども、中学より詳しく習います。しかし地理は歴史科目ではないので、大学入学共通テストでは直接的に外交史を問われることはありません。