• 以下の記述は高校地理の独学を想定しています。
  • 高校地理に限りませんが、現役の高校生(特に1年生・2年生)は、宿題に取り組む、検定教科書3冊や副教材をしっかり読む、不明点は学校の先生に質問するなどをきちんとこなしましょう。もちろん授業外での自習も必要です。くれぐれも、以下の記述を鵜呑みにせず、自身の理解状況を正しく認識して各自学習に取り組むようにしてください。ただし、本ページを参考程度として活用するのは一向に構いません。

高校地理は中学で習わない新内容も編集

高校の地理では、中学校の地理では習わない数多くの学習事項や用語もあります。中学校での社会科地理分野では地誌分野を主に学習してきたと思います[1]。しかし、高校地理では系統地理分野の比重がかなり増加します[2]。この他、地誌分野の学習事項も増えます[3]。このため高校用の教材が必要です。中学で使用した教科書や参考書では不十分です。高校での検定教科書や参考書などで、高校地理の基礎知識を頭に入れる必要があります。

情報の入手編集

暗記科目全般にいえますが、地理でも出来れば自身が学校で配布された教科書以外の2社も自分で教科書販売株式会社が認めた書店で購入して比較勉強をするか、各社の教科書の内容をまとめた地理用語集を利用しましょう。例えば二宮書店は人文地理に詳しく、東京書籍は帝国書院や二宮書店にない内容が詳しく、帝国書院だと自然地理の内容に詳しいです。本地理探究wikibooksもこれに基づいて記述しています。

高校の地理総合・地理探究の教科書では、各テーマの基本が具体例でまとめられています。具体例の説明と理論的な説明の違いを見分け、両方を記憶する力が必要です。また、教科書では具体例を抽象的な例として使い、似たような他のテーマにも応用しています。

最も詳しい地図帳は帝国書院の『新詳高等地図』だと思われます。地図だけでなく、様々なデータが示されているので、場所を探すだけでなく、環境の状態を確認するのにも利用出来ます。帝国書院の『地理統計』や二見書房の『地理統計要覧』などは、数字がたくさん出てくる本です。日本史や世界史の教科書の中には、産業や地域の歴史を調べられます。

より細かい具体的情報を得るには、各地の農業組合のホームページや、行政地域内の各種産業について載せる都道府県庁・市区町村役所のホームページが利用出来ます。新聞の各ページにも地理に関わる多く記事があります。

地理の大学入学共通テスト過去問集は、サイズ(判型)の大きめの書籍で編集

地理の入試問題では、地図などを読み取る問題もありますが、過去問集のサイズ(判型)が小さいと、縮小コピーされてしまい、記号などが潰れてしまっていたりして、あまり役立ちません。

このため、ややサイズ(判型)の大きめの問題集を購入する必要があります。

教学社の赤本は、地理の地図読み取り問題の練習では、縮小コピーされてしまっており、役立ちません。出題傾向を調べるだけに留めるか、問題練習したいなら他社の過去問集にしましょう。

大学での教科書や学術書は不要編集

日本では、地理学科を持つ大学はごくわずかです。かつて私が大学で在籍した学科もそうですが、他の学科の中に地理が混じっている大学もあります。そのため、変更があまり行われず、統計などの情報が古くなっているかもしれません。そのため、大学の教科書はほとんど必要ありません。

時事問題に関しては、大学レベルの学術書よりも高校の教科書の方がより最新の情報が載っていると思います。

ですから、高校生の時に持っていた地理の教科書を読んでみてください。

必要な教科書に載っている以上の知識を学びたいなら、大学や就職するまで参考書を読んでおくと安心です。

また、大学の入試問題は学習指導要領(および学習指導要領に準拠した教科書)とあまり変わらないので、大学レベルの教科書を受験勉強してもあまり意味がありません。

また、大学生向けの本は普通の本屋さんではなかなか見つかりません。欲しい人は取り寄せたり、図書館で読んだりする必要があります。

脚注編集

  1. ^ その分、日本の各地域や世界の各地域を勉強されたのだと思います。
  2. ^ 地形・土壌・気候・農牧業・鉱業・工業・集落と都市・環境問題などの形でテーマ分けし、理論的な学習や、個々の現象を一般化した学習も行います。
  3. ^ 東南アジアでの産業政策・西アジア(中東)での紛争と外交史(中東戦争など)なども、中学より詳しく習います。しかし地理は歴史科目ではないので、大学入学共通テストでは直接的に外交史を問われません。