メインメニューを開く

試験 > 資格試験 > 実用数学技能検定

実用数学技能検定とは日本数学検定協会が運営している検定。就職・進学では優遇される事もある。略して「数検」とも呼ばれる。また、数学領域である1級から5級までを「数学検定」、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」とも呼ぶ。

学習する方法としては公式ガイドブックなどを使用して学習するとよい。

各級の程度編集

レベル 試験
1 大学程度・一般 一次:計算技能検定、二次:数理技能検定
準1 高校3年程度(数学Ⅲ程度) 一次:計算技能検定、二次:数理技能検定
2 高校2年程度(数学Ⅱ、数学B程度) 一次:計算技能検定、二次:数理技能検定
準2 高校1年程度(数学Ⅰ、数学A程度) 一次:計算技能検定、二次:数理技能検定
3 中学3年程度 一次:計算技能検定、二次:数理技能検定
4 中学2年程度 一次:計算技能検定、二次:数理技能検定
5 中学1年程度 一次:計算技能検定、二次:数理技能検定
6 小学6年程度
7 小学5年程度
8 小学4年程度
9 小学3年程度
10 小学2年程度
11 小学1年程度
かず・かたち検定(ゴールドスター、シルバースター) 就学前児童

受験方法編集

  • 公開会場で申し込みを行い、筆記試験またはCBTによる試験が行われる。
  • 準会場受験の場合は筆記試験で行われる。

その他受験に関することで分からないことがある場合は、直接問い合わせていただきたい。

ウィキペディア実用数学技能検定の記事があります。