孟浩然(もうこうねん)編集

 

春暁(しゅんぎょう)      孟浩然(もうこうねん)

春眠不覚暁   (しゅん)(みん)(あかつき)(おぼ)えず、
処処聞啼鳥   処処(しょしょ)(てい)(ちょう)()く、
夜来風雨声   ()(らい)(ふう)()(こえ)
花落知多少   (はな)()つること()()(しょう)

解説編集

漢文(かんぶん)とは、昔の中国の文章。漢文の原文は、漢字のみ。しかし、漢字だけでは、われわれ日本人が読みづらいので、古くから日本では、送り仮名をつけて読んでいた。「春眠(しゅんみん)(あかつき)(おぼ)えず、」といった読み方は日本での読み方であり、べつに中国人が、こう読んでいるわけではない。また、日本語での語順と、漢文の語順はちがっている。文法が、中国語と日本語ではちがうので、語順がちがってくるのである。

李白(りはく)編集

 

静夜思(せいやし)   李白(りはく)

床前看月光   (しょう)(ぜん)月光(げっこう)()る、
疑是地上霜   (うたが)うらくは()()(じょう)(しも)かと、
挙頭望山月   (こうべ)()げて山月(さんげつ)(のぞ)み、
低頭思故郷   (こうべ)()れて()(きょう)(おも)う。

杜甫(とほ)編集

 

絶句(ぜっく)   杜甫(とほ)

江碧鳥逾白   (こう)(みどり)にして(とり)(いよいよ)(しろ)く、
山青花欲燃   (やま)(あお)くして(はな)()えんと(ほっ)す、
今春看又過   (こん)(しゅん)(みすみす)(また)()ぐ、
何日是帰年   (いず)れの()()()(ねん)ならん。