民事執行法第23条

法学コンメンタール民事訴訟法コンメンタール民事執行法

条文編集

(強制執行をすることができる者の範囲)

第23条
  1. 執行証書以外の債務名義による強制執行は、次に掲げる者に対し、又はその者のためにすることができる。
    一  債務名義に表示された当事者
    二  債務名義に表示された当事者が他人のために当事者となつた場合のその他人
    三  前二号に掲げる者の債務名義成立後の承継人(前条第一号、第二号又は第六号に掲げる債務名義にあつては口頭弁論終結後の承継人、同条第三号の二に掲げる債務名義又は同条第七号に掲げる債務名義のうち損害賠償命令に係るものにあつては審理終結後の承継人)
  2. 執行証書による強制執行は、執行証書に表示された当事者又は執行証書作成後のその承継人に対し、若しくはこれらの者のためにすることができる。
  3. 第1項に規定する債務名義による強制執行は、同項各号に掲げる者のために請求の目的物を所持する者に対しても、することができる。

解説編集

参照条文編集

判例編集


前条:
民事執行法第22条
(債務名義)
民事執行法
第2章 強制執行
第1節 総則
次条:
民事執行法第24条
(外国裁判所の判決の執行判決)



このページ「民事執行法第23条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。