民事執行法第28条

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文編集

(執行文の再度付与等)

第28条
  1. 執行文は、債権の完全な弁済を得るため執行文の付された債務名義の正本が数通必要であるとき、又はこれが滅失したときに限り、更に付与することができる。
  2. 前項の規定は、少額訴訟における確定判決又は仮執行の宣言を付した少額訴訟の判決若しくは支払督促の正本を更に交付する場合について準用する。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事執行法第27条
(執行文の付与)
民事執行法
第2章 強制執行
第1節 総則
次条:
民事執行法第29条
(債務名義等の送達)


このページ「民事執行法第28条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。