民事執行法第86条

法学民事法コンメンタールコンメンタール民事執行法

条文編集

(売却代金)

第86条
  1. 売却代金は、次に掲げるものとする。
    一 不動産の代金
    第63条第2項第二号の規定により提供した保証のうち申出額から代金の額を控除した残額に相当するもの
    第80条第1項後段の規定により買受人が返還を請求することができない保証
  2. 第61条の規定により不動産が一括して売却された場合において、各不動産ごとに売却代金の額を定める必要があるときは、その額は、売却代金の総額を各不動産の売却基準価額に応じて案分して得た額とする。各不動産ごとの執行費用の負担についても、同様とする。
  3. 第78条第3項の規定は、第1項第二号又は第三号に規定する保証が金銭の納付以外の方法で提供されている場合の換価について準用する。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事執行法第85条
(配当表の作成)
民事執行法
第2章 強制執行

第2節 金銭の支払を目的とする債権についての強制執行
第1款 不動産に対する強制執行

第2目 強制競売
次条:
民事執行法第87条
(配当等を受けるべき債権者の範囲)


このページ「民事執行法第86条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。