民事訴訟法第236条

法学民事法コンメンタール民事訴訟法

条文編集

(相手方の指定ができない場合の取扱い)

第236条
証拠保全の申立ては、相手方を指定することができない場合においても、することができる。この場合においては、裁判所は、相手方となるべき者のために特別代理人を選任することができる。

解説編集

参照条文編集


前条:
民事訴訟法第235条
(管轄裁判所等)
民事訴訟法
第2編 第一審の訴訟手続

第4章 証拠

第7節 証拠保全
次条:
民事訴訟法第237条
(職権による証拠保全)


このページ「民事訴訟法第236条」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。