火薬類製造保安責任者試験

試験概要編集

火薬類製造保安責任者試験は甲種乙種丙種の3種類からなり、それぞれ製造する火薬類によって分かれます。受験資格に制限はありませんが交付要件は満18歳以上となっています。また、甲種、乙種は試験実施権者が経済産業大臣、丙種は試験実施権者が都道府県知事となっています。

試験対策編集

甲種、乙種については

丙種については

このページ「火薬類製造保安責任者試験」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。