「生活と進路」の版間の差分

 
=== 各学校の入学資格 ===
*==== 幼稚園 ====
: 満3歳から小学校の就学の始期に達するまでの人が入学できる。
*==== 小学校 ====
: 満6歳以上の人が入学できる。法律には規定はないが、12歳を過ぎると、年齢が上がるほど入学が難しくなるといわれている。
*==== 中学校・中等教育学校の前期課程 ====
: 義務教育期間(6歳から15歳まで)の人は、小学校などの課程を修了した人のみが入学できる。義務教育期を過ぎた人は、小学校などを修了していなくても入学できる。
*==== 高等学校・中等教育学校の後期課程・専修学校の高等課程 ====
: 原則として中学校の課程などを修了した人のみが入学できる。卒業していない人は、中学校を卒業した人と同等以上の学力があるか入学先の学校に検査してもらうか、文部科学省の行う中学校卒業程度認定試験に合格することで入学することができる。
*==== 大学・短期大学 ====
: 原則として高等学校の課程などを修了した人のみが入学できる。卒業していない人は、高等学校を卒業した人と同等以上の学力があるか入学先の学校に検査してもらうか、文部科学省の行う高等学校卒業程度認定試験に合格することで入学することができる。
===== 関連項目 =====
*[[大学受験ガイド]]
 
*==== 専修学校の専門課程 ====
* 幼稚園
 
*==== 大学院 ====
: 満3歳から小学校の就学の始期に達するまでの人が入学できる。
 
* 小学校
 
: 満6歳以上の人が入学できる。法律には規定はないが、12歳を過ぎると、年齢が上がるほど入学が難しくなるといわれている。
 
* 中学校・中等教育学校の前期課程
 
: 義務教育期間(6歳から15歳まで)の人は、小学校などの課程を修了した人のみが入学できる。義務教育期を過ぎた人は、小学校などを修了していなくても入学できる。
 
* 高等学校・中等教育学校の後期課程・専修学校の高等課程
 
: 原則として中学校の課程などを修了した人のみが入学できる。卒業していない人は、中学校を卒業した人と同等以上の学力があるか入学先の学校に検査してもらうか、文部科学省の行う中学校卒業程度認定試験に合格することで入学することができる。
 
* 大学・短期大学
 
: 原則として高等学校の課程などを修了した人のみが入学できる。卒業していない人は、高等学校を卒業した人と同等以上の学力があるか入学先の学校に検査してもらうか、文部科学省の行う高等学校卒業程度認定試験に合格することで入学することができる。
 
* 専修学校の専門課程
 
* 大学院
 
== 職業と労働 ==
匿名利用者