「学習方法/高校情報」の版間の差分

追記
(とりあえず記述)
 
(追記)
== この教科について ==
高校の「情報」教科では、データの圧縮のしくみや、エラー訂正のしくみなど、もっと細かいことを勉強する。
 
単なるマウスの使い方とか、キーボードの使い方とか、そういうのは中学校卒業までに習っているはずという前提で、教科書は書かれている。
 
さて、2016年の現在では、普通科高校の情報科目には『社会と情報』『情報の科学』の2つの科目がある。
 
『情報の科学』のほうが、技術的に、より細かい事が説明されている。
 
* 高校生の読者へ
しかし、『情報の科学』は細かいぶん、初心者には雑多な情報も多く、初心者はまず『社会と情報』から読んだほうがいいだろう。
 
そして、教科書は、それぞれの科目とも2回か3回か読めば、充分であろう。
 
* 備考: 大人の読者へ
なお、これら検定教科書に書かれている内容は、おおむねIT系の検定試験の「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」などの内容を、初歩的に紹介したものである。
 
なので、もし大人がこのページを読んでるなら、それら検定試験の市販の解説書の内容がすでに分かっているならば、ITリテラシーの自学自習の目的としては、わざわざ検定教科書を買う必要はない。
 
== 勉強法 ==
この教科にかぎらず、基礎的なコンピュータのリテラシーについては、しばらくは本を読んで勉強しよう。けっしてネットの情報ではなく、教科書や専門書を読むこと。
 
理由は、
ネットの無料の教材なんて、画像がほとんど無いのが通常であろう。画像をつくる作業には、けっこう手間が掛かるのである。
 
 
2016年の現在では、普通科高校の情報科目には『社会と情報』『情報の科学』の2つの科目がある。
 
『情報の科学』のほうが、技術的に、より細かい事が説明されている。
 
しかし、細かいぶん、初心者には雑多な情報も多く、初心者はまず『社会と情報』から読んだほうがいいだろう。
 
そして、教科書は、それぞれの科目とも2回か3回か読めば、充分であろう。
 
== 検定教科書の内容 ==
:情報量のビットやバイトの概念
:2進数や16進数
:色のRGBとCMYKについて。
:画像のベクター画像やラスター画像のちがい
:データの圧縮や解凍
:リレーショナルデータベースを、「キー」や「レコード」や「ソート」などの用語
:さらにリレーショナルデータベースの「結合」「射影」などの処理の用語も紹介。
 
:表計算ソフトの、加法、減法や総和など、の基本的な演算のしかた。
:表計算ソフトのマクロ。
 
:JavaScriptなどスクリプト言語を例に、アルゴリズムやフローチャートなどの説明。
 
:HTMLについて。マークアップ言語。
:WIKI(ウィキ)システム。
 
=== 雑記 ===
 
まあ、検定試験などに出てくる用語だったりするので、そういう用語もせっかくだから覚えておこう。
 
コンビニの「POS」システムとか、社会科でも習う用語も、情報科では習います。
 
== 習わないこと ==
C言語やBASICなど、プログラミングについては、普通科の「情報」科では習っていないようです。
23,087

回編集