「高校生活ガイド」の版間の差分

追記
(地元の高校が不良の巣窟の場合の避難について)
(追記)
 
なので、もし高卒で大学進学せずに就職する場合は、就職の前に、地元の工業高校などの職業高校に編入学するか(普通科高校卒でも工業高校などの職業高校に編入可能です)、もしくは職業訓練校に入学するなどして、毎日学校に通える能力がある事を実証しましょう。
 
また、もし通学できる高校に編入学できた場合は、特に男子は、ぜひ野球部やバスケ部やサッカー部などの、運動部で、かつ部員の多い団体競技で、屈強な男の多い部活に入部するのが、不良から逃れる安全のためにイイでしょう。
 
なぜなら、不良は、交友関係の少ない人を重点的に狙って襲います。運動部でも、柔道部やラグビー部では、人数が少なくて、やや不利です。テニス部は、まあ「文化部よりかはマシ」です。まして卓球部やバトミントン部、文化部などの入部は、論外です。文化部の部活で帰宅が遅くなって下校途中のところを襲われかねません。襲われて気絶して(あるいは死亡して)、その日の帰宅ができなくなっても、世間知らずな保護者から「今日は部活が長引いてるのかしら」なんて思われかねません。
 
 
== 科目の選択 ==
23,477

回編集