「将棋」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
▲7六歩は角が敵陣に直射する<ref>羽生 2009、p. 84。</ref>。
 
# [[将棋/▲7六歩/△3四歩|△3四歩]]と後手も角道を開ける手と、
後手も点対称に
 
# [[将棋/▲7六歩/△3四歩|△3四歩]]と角道を開ける手と、
# [[将棋/▲7六歩/△8四歩|△8四歩]]と飛車先を突く手が考えられる。
 
▲2六歩は飛車を活用し、後手の角頭を狙っている<ref>羽生 2009、p. 86。</ref>。
 
# [[将棋/▲2六歩/△8四歩|△8四歩]]と後手も飛車先を突く手と、
後手も
 
# [[将棋/▲2六歩/△8四歩|△8四歩]]と飛車先を突く手と、
# [[将棋/▲2六歩/△3四歩|△3四歩]]と角道を開ける手が考えられる。
 
640

回編集