「高等学校商業 経済活動と法/保証人制度」の版間の差分

「根保証」は、検定教科書の範囲内。検定教科書の「根抵当」などの節に書いてあった。
M (すじにくシチュー がページ「高等学校商業 経済活動と法/債権の管理と回収」を「高等学校商業 経済活動と法/保証人制度」に移動しました: より内容に即したタイトルに変更。)
(「根保証」は、検定教科書の範囲内。検定教科書の「根抵当」などの節に書いてあった。)
:※ 検定教科書には書かれてないが、この連帯保証制度を悪用した詐欺で、借金を負わせる詐欺がある。注意しなければならない。
 
=== 範囲外: 根保証 ===
:※ 検定教科書の範囲内。
:※ 検定教科書には根保証までは書かれてないが、しかし根保証を知らないと、実務では使い物にならない。なので、Wikibooksでは根保証について記載しよう。
 
詐欺などに悪用される危険な保証人の種類と言うと「連帯保証人」が有名であるが、他にも根保証(ねほしょう)というのも危険である。
 
もともとは、根保証(ねほしょう)とは、限度企業どうしの継続的な融資では、債務が増減したりするので、具体的な債務金や期間を決めずにその範囲内でのカネを貸したり金の保証人となりたりす方式で、企業への融資などで使われる方法の契約である。
 
だが、この根保証を悪用した詐欺として、たとえば借り主が保証人に少額の借金額で安心させて、たとえば30万円の借金で「この借金の保証人になってほしい。」と言われて引き受けたら、じつは限度額が1000万円の根保証で、借り主が知人に保証人を引き受させた後に限度額まで借りて、そのまま逃げるというトラブルや詐欺が知られてる。
 
=== 範囲外: 借金以外の場合の保証人 ===
18,114

回編集