「中学校社会 歴史/鎌倉時代」の版間の差分

M
182.20.203.1 (会話) による編集を取り消し、かげろん による直前の版へ差し戻す
(→‎鎌倉仏教: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
M (182.20.203.1 (会話) による編集を取り消し、かげろん による直前の版へ差し戻す)
農工業の発達もあって商業も発達した。定期的に市場(いちば)をひらく'''定期市'''(ていきいち)が、寺社などの近くで、毎月3回ほど決まった日に市が開かれはじめるようになった。この毎月3回の定期市を 三斎市(さんさいいち) という。
 
商業には貨幣が必要なので、中国大陸から宋銭(そうせん)が多く、日本に輸入された。また、貨幣の流通とともに、銭を貸す高利貸し(こうりがし)もあらわれた。
 
== 鎌倉時代の文化 ==
|-
| rowspan="3" | 浄土信仰
| '''浄土宗'''(じょうどしんしゅう
| '''法然'''(ほうねん)
| style="text-align:left" | ひたすら念仏(ねんぶつ)を「南無阿弥陀仏」(なむあみだぶつ)と唱えることで、極楽浄土に往生できると説いた。<ref>正確には、平安時代末期に開かれている。</ref>
|-
| '''浄土真宗'''<ref>一向宗(いっこうしゅう)ともいわれる。</ref><br>(じょうど しんしゅう)
| '''親鸞'''<ref>親鸞は法然の弟子であったが、法然の教えをさらに突きつめ、浄土真宗を開いた。</ref> <br>(しんらん)
| style="text-align:left" | 自分が悪人であると自覚した人こそ、阿弥陀仏は真っ先に救おうとする、と説いた<ref>この考えを「[[w:悪人正機|悪人正機説]]」(あくにんしょうきせつ)という。</ref>。
 
{{clear}}
 
=== 新しい文化 ===
武士の支配する社会になったので、平安のころの貴族文化とは、ちがった文化が出てきた。
1,344

回編集