「BASIC」の版間の差分

配列の0番目が使えないBASICもあるので修正。
(配列の0番目が使えないBASICもあるので修正。)
そこで配列変数を使います。
 
使い方は、最初に配列変数を宣言します。例えば DIM a(3)と書いたなら、変数 a(0) a(1) a(2) a(3)の3個の配列変数が使えるようになります(BASICの種類によってはa(0)も使えるものがあります)。 括弧の部分を添え字と言います。
 
配列変数の便利な所は、数値で書いた部分に数値変数を使って、例えば、a(i)のように使う事ができ、ループなどと組合わせれば多数の変数を一度に扱う事が出来ます。
1

回編集