「著作権法/概論」の版間の差分

半導体チップの模様が、どんなに美しくても、著作権法の保護対象にならない。
編集の要約なし
(半導体チップの模様が、どんなに美しくても、著作権法の保護対象にならない。)
 
 
いっぽう、たとえばCD(コンパクトディスク)半導体チップ裏側の面は模様が虹色どんな反射していて美しいが、しかし、けっし美術的な目的でCD裏面が制作されてはいないのでCD裏面は著作権法の保護対象にならない。このように、どんなに美けっかろうが、美術的な目的で制作半導体チップの模様が生産されてはいないかぎりので半導体チップの模様は著作権法の保護対象には、ならない。(※ 参考文献: 有斐閣『著作権法』中山信弘。 参考文献では半導体チップ)こ模様を例ように、どんなに美しかろうが、美術的な目的で制作されないかぎり、著作権法の保護対象には、ならない事を説明してたが、一般読者は日常生活では半導体チップを見る機会が少ないだろうから、本ウィキブックスでは他の工業製品(CD裏面)に説明を置き換えた
 
== 建築の著作物 ==
22,782

回編集