「中学校技術/マルチメディア関係の技術」の版間の差分

中学校美術/美術2・3上 2015年9月20日 (日) 02:42‎ より、工学的な話題を抜粋.
(中学校美術/美術2・3上 2015年9月20日 (日) 02:42‎ より、工学的な話題を抜粋.)
*結論
このように、アニメの制作は、ちょっとした動画の制作ですら、とても大変なので、中学校では制作しないほうが良い、せいぜい、鑑賞などに留めておいたほうが良いだろう。
 
 
 
 
== 錯視や錯覚 ==
<gallery widths=250px heights=250px>
File:Facevase.png|ルビンの つぼ。 
</gallery>
 
白い壷(つぼ)にも見えるし、あるいは、向かいあった人の顔の影にも見える。
 
*エッシャー(マウリッツ・コルネリス・エッシャー Maurits Cornelis Escher)
:(※編集者への注意:  この芸術家は死去後70年を経ていないので、作品はパブリックドメインにありません。その作品を写した写真やスキャン画像をウィキペディアにアップロードしないでください。)
 
<gallery widths=250px heights=250px>
File:Onm kubus2.png|エッシャー的透視法で描かれた立方体。「ネッカーの立方体」を応用している。]]
File:Waterfall.svg|エッシャー的透視法で描かれた滝
File:Impossible staircase.svg|上昇と下降の手法を用いた階段(→ペンローズの階段)
</gallery>
 
 
 
== カメラ・写真の技法 ==
=== レンズの焦点距離による違い ===
* 広角(こうかく、wide angle)
焦点距離が近く、広い範囲の角度を写せる。
 
* 望遠 (telephoto)
焦点距離が長く、遠くを写すのに適する。
 
 
広角レンズと望遠レンズは異なる形状のため、同じレンズでは両方は撮影できないのが普通。
 
{| class="wikitable" style="width: 60%; margin-left: 20px"
|+'''焦点距離別の被写界深度の比較(F値=5.6)'''
|-
| style="padding: 10px" | [[File:Portrait24mm5 6.jpg|150x97px]]<br />'''広角レンズ'''<br />24mm(35mm判)<br />対角線画角84°
| style="padding: 10px" | [[File:Portrait50mm5 6.jpg|150x97px]]<br />標準レンズ<br />50mm(35mm判)<br />対角線画角46°
| style="padding: 10px" | [[File:Portrait100mm5 6.jpg|150x97px]]<br />中望遠レンズ<br />100mm(35mm判)<br />対角線画角24°
|-
| colspan="3" |橋の欄干やその影に注目すると、24mmではかなり奥まで合焦しているように感じられる。50mmでは橋の中ほどより先ではボケている。100mmでは欄干はボケている。なお作例では、被写体(人物)の大きさを一定にしようと撮影しているため、カメラから被写体までの距離(ピント位置)は異なる。
|}
22,657

回編集