「大学生活ガイド/理系」の版間の差分

理系の大学でいう「教養」とは、教養課程の自然科学科目の「教養」については、主に基礎学力というような意味です。 世間一般でいう、幅広く色んな事を知るという意味の「教養」とは
(文科系も含む大学でのノウハウ一般についての解説は、『大学生活ガイド/文理共通』にあります。)
(理系の大学でいう「教養」とは、教養課程の自然科学科目の「教養」については、主に基礎学力というような意味です。 世間一般でいう、幅広く色んな事を知るという意味の「教養」とは)
----
== 教養部廃止の混乱 ==
かつて80年代後半ごろまで、日本理系の大学にはでいう「教養」というは、教養課程があり、1〜2年生時には数学や理自然や語を中心に勉強し、3年から専門科目の「える養」については主に基礎学力という時代がありましたような意味です
 
世間一般でいう、幅広く色んな事を知るという意味の「教養」とは、教養科目の自然科学科目とは、意味が違います。
 
このため、教養課程の自然科学科目の単位を取得するだけでも、大学レベルの基礎学力として相応しいと考えらえる科目が自然科学科目として提供されているので、単位取得のためには、学生は、かなりの学習時間が必要になり、学校の授業の他にも、普段からの復習などが必要になります。
 
 
さて、かつて80年代後半ごろまで、日本の大学には「教養部」という課程があり、1〜2年生の時には数学や理科や語学を中心に勉強し、3年から専門科目を教える、という時代がありました。
 
90年代に入り、教養部が廃止され、入学1年目から専門科目を教えるようになりました。かつて教養部で教えていた数学や物理などは、「教養課程」の「自然科学分野」という科目グループに分類され、1年生から教えています。
17,695

回編集