「将棋」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
* ▲7六歩は[[:w:振り飛車|振り飛車]]の含みがあるのに対し、▲2六歩は[[:w:居飛車|居飛車]]が確定している
* ▲7六歩は[[/矢倉/]]を目指せる一方で、▲2六歩は[[/相掛かり/]]を目指せる<ref>▲7六歩ならば△8四歩▲6八銀△8五歩▲7七銀と飛車先を銀で受ける手が間に合う。</ref>
* ▲2六歩は[[/2手目△3二飛/]]を消している<ref>▲2六歩に[[/▲2六歩#△3二飛|△3二飛?]]は、▲2五歩△3四歩▲2四歩△同歩▲同飛となって▲2三飛成が受からない。</ref>
* ▲2六歩は[[:w:引き角|引き角]]の含みがある<ref>対振り飛車で角道を開けずに▲5六歩〜▲7八銀〜▲7九角〜▲5七角と角を引いて使い、▲8八玉型の[[:w:左美濃|左美濃]]に組む戦法。▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲4八銀△4四歩▲5六歩△3二銀▲7八銀△4三銀▲7九角△2二飛▲5七角が一例。ただし6手目で△8四歩と突かれると先手が損とされ、先手では持ち込むのに自然な順がない(森内ら 2014、pp. 45-50)。佐藤-菅井 2015などの実戦例がある。</ref>
 
などである。
[[:w:中飛車|中飛車]]を目指す手。
 
[[/▲7六歩/△3四歩#▲5六歩|▲7六歩△3四歩▲5六歩]]では、△8八角成▲同銀△5七角で馬を作られてしまうため、先手で中飛車を指すならば初手▲5六歩と突き、△3四歩に[[/▲5六歩/△3四歩/▲5八飛|▲5八飛]]と回る手法よい開発された
 
{{-}}
|1手目▲5八飛まで}}
 
▲5六歩と同じようでも初手▲5八飛は、△8四歩
# ▲7六歩△8五歩▲7七角△3四歩と進むと、角交換から△4五角の筋があるため、▲6六歩と角道を止めざるを得ない。
# ▲4八玉△8五歩▲7八金と角道を開けずに飛車先を切らせて駒組みを進める[[:w:原始中飛車|原始中飛車]]は初級者向きの戦法として[[:w:飯塚祐紀|飯塚祐紀]]が推奨していされる。
 
{{-}}
 
初手▲7八飛戦法。猫だまし戦法とも。
 
△3四歩▲4八玉△8四歩▲3八玉△8五歩▲7六歩△6二銀<ref>△8六歩▲同歩△同飛は▲2二角成△同銀▲7七角</ref>▲7五歩で[[:w:升田式石田流|升田式石田流]]を目指す狙いがある。
 
{{-}}
 
=== ▲9▲6六歩 ===
: ''詳細は「[[/▲9▲6六歩]]」を参照''
 
{{shogi diagram|tright|
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
|psl| | | |psl| | | | |
|uah|ps|ps|ps|uah|ps|ps|ps|ps|ps
| |bs| | | | | |rs|
|ls|ns|ss|gs|ks|gs|ss|ns|ls
|なし
|1手目▲9▲6六歩まで}}
 
[[/▲7六歩/△3四歩/▲6六歩|△3四歩▲7六歩]]、あるいは[[/▲7六歩/△8四歩/▲6六歩|△8四歩▲7六歩]]で定跡手順に合流する。
 
△3四歩▲6八飛と[[:w:四間飛車|四間飛車]]に構えた場合、△8四歩と突かれなければ▲7六歩の一手を▲4八玉や▲1六歩などほかの手に回せるため、後手の△8四歩を催促している意味がある<ref>鈴木 2010、p. 21([[:w:藤井猛|藤井猛]]の見解)。</ref>。
 
△3四歩▲6八飛△3二飛と[[:w:相振り飛車|相振り飛車]]になった場合、▲6五歩と突き出すことができる(角道が通っていると角交換から△4五角がある)。
 
{{-}}
 
=== ▲1六歩▲6八飛 ===
: ''詳細は「[[/▲1六歩▲6八飛]]」を参照''
 
{{shogi diagram|tright|
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |psl
|ps|ps|ps|ps|ps|ps|ps|ps|uahps
| |bs| | rsl| lat| lra| lra|rslas|
|ls|ns|ss|gs|ks|gs|ss|ns|ls
|なし
|1手目▲1六歩▲6八飛まで}}
 
[[/▲7六歩/△3四歩#▲6八飛|△3四歩▲7六歩]]、あるいは[[/▲7六歩/△8四歩#▲6八飛|△8四歩▲7六歩]]で定跡手順に合流する。
 
△3四歩▲6六歩ならば、初手から▲6六歩△3四歩▲6八飛に同じ。
 
{{-}}
 
=== ▲3▲9六歩 ===
: ''詳細は「[[/▲3▲9六歩]]」を参照''
 
{{shogi diagram|tright|
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
|psl| | | | | | |psl| |
|psuah|ps|ps|ps|ps|ps|uahps|ps|ps
| |bs| | | | | |rs|
|ls|ns|ss|gs|ks|gs|ss|ns|ls
|なし
|1手目▲3▲9六歩まで}}
 
次に▲3五歩と突かれると後手は角道を開けられなくなるため、△3四歩と突くが、▲3八飛と寄って▲3五歩△同歩▲同飛の歩交換を狙う。
 
[[:w:渡辺明 (棋士)|渡辺明]]は、先手の得を生かす作戦かといわれると疑問は残るが「かなり有力な手」としている<ref>鈴木 2010、pp. 27-28。</ref>。
 
実戦例は林葉-長沢 1985、先崎-谷川 1989、渡辺-丸山 2006など多数。
 
{{-}}
 
=== ▲4▲1六歩 ===
: ''詳細は「[[/▲4▲1六歩]]」を参照''
 
小泉-中村 2010の実戦例がある。
 
{{-}}
 
=== ▲6六歩 ===
: ''詳細は「[[/▲6六歩]]」を参照''
 
{{shogi diagram|tright|
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | |psl | | | | |psl
|ps|ps|ps|uah|ps|ps|ps|ps|ps|uah
| |bs| | | | | |rs|
|ls|ns|ss|gs|ks|gs|ss|ns|ls
|なし
|1手目▲6▲1六歩まで}}
 
[[/▲7六歩/△3四歩/▲6六歩|△3四歩▲7六歩]]、あるいは[[/▲7六歩/△8四歩/▲6六歩|△8四歩▲7六歩]]で定跡手順に合流する。
 
△3四歩▲6八飛と[[:w:四間飛車|四間飛車]]に構えた場合、△8四歩と突かれなければ▲7六歩の一手を▲4八玉や▲1六歩などほかの手に回せるため、後手の△8四歩を催促している意味がある<ref>鈴木 2010、p. 21([[:w:藤井猛|藤井猛]]の見解)。</ref>。
 
△3四歩▲6八飛△3二飛と[[:w:相振り飛車|相振り飛車]]になった場合、▲6五歩と突き出すことができる(角道が通っていると角交換から△4五角がある)。
 
{{-}}
 
=== ▲6八飛▲3六歩 ===
: ''詳細は「[[/▲6八飛▲3六歩]]」を参照''
 
{{shogi diagram|tright|
| | | | | | | | |
| | | | | | | | |
| | | | | | | psl| |
|ps|ps|ps|ps|ps|ps|psuah|ps|ps
| |bs| |rsl |lat |lra |lra |lasrs|
|ls|ns|ss|gs|ks|gs|ss|ns|ls
|なし
|1手目▲6八飛▲3六歩まで}}
 
次に▲3五歩と突かれると後手は角道を開けられなくなるため、△3四歩と突くが、▲3八飛と寄って▲3五歩△同歩▲同飛の歩交換を狙う。
[[/▲7六歩/△3四歩#▲6八飛|△3四歩▲7六歩]]、あるいは[[/▲7六歩/△8四歩#▲6八飛|△8四歩▲7六歩]]で定跡手順に合流する。
 
[[:w:渡辺明 (棋士)|渡辺明]]は、先手の得を生かす作戦かといわれると疑問は残るが「かなり有力な手」としている<ref>鈴木 2010、pp. 27-28。</ref>。
△3四歩▲6六歩ならば、初手から▲6六歩△3四歩▲6八飛に同じ。
 
実戦例は林葉-長沢 1985、先崎-谷川 1989、渡辺-丸山 2006など多数。
 
{{-}}
 
=== ▲6▲4六歩 ===
: ''詳細は「[[/▲6▲4六歩]]」を参照''
 
小泉-中村 2010の実戦例がある。
 
{{-}}
136

回編集