「高等学校化学II/イオン交換樹脂」の版間の差分

:食塩の製造法をネットで調べたところ、まず海水をもとに、イオン交換膜をつかって食塩水の塩分濃度を上げ、それを他の容器に移して煮詰める事で、食塩を製造している。結局、食塩の
(またイオン交換樹脂は、食塩の製造にも使われている。(※ 参考文献: 化学同人『ベーシック分析化学』、高木誠 編著、51ページ、2006年第1版、2016年第10刷))
(:食塩の製造法をネットで調べたところ、まず海水をもとに、イオン交換膜をつかって食塩水の塩分濃度を上げ、それを他の容器に移して煮詰める事で、食塩を製造している。結局、食塩の)
純水の製造には、海水の淡水化(塩水から、ま水にすること。)や、他には工業用の純水化がある。
 
またイオン交換樹脂は、食塩の製造にも使われている。(※ 参考文献: 化学同人『ベーシック分析化学』、高木誠 編著、51ページ、2006年第1版、2016年第10刷)
:食塩の製造法をネットで調べたところ、まず海水をもとに、イオン交換膜をつかって食塩水の塩分濃度を上げ、それを他の容器に移して煮詰める事で、食塩を製造している。結局、食塩の製造では、最終的には、塩田と同様に、現代の(イオン交換膜を使う)方法でも最終的に蒸発に頼ることになる。
 
== 陽イオン交換樹脂 ==
23,377

回編集