「高校化学 合成高分子化合物」の版間の差分

→‎ポリエチレン: 高校理科の教科書には書かれてないが、じつは、電線の被覆材料にポリエチレンが使われている。
(個人的意見は不要なので除去)
(→‎ポリエチレン: 高校理科の教科書には書かれてないが、じつは、電線の被覆材料にポリエチレンが使われている。)
チーグラーは、この業績によりノーベル化学賞を1963年に受賞した。
{{clear}}
 
==== ※ 範囲外: ポリエチレンについてのその他の情報 ====
:※ 下記のポリエチレンの応用例は、産業の動向とも関わってくるので、入試に出ないだろう。学生は暗記の必要は無い。
 
* 電線被覆用のポリエチレン
高校理科の教科書には書かれてないが、じつは、電線の被覆材料にポリエチレンが使われている。電線用の絶縁材料としてポリエチレンが用いられている。(※ 参考文献: 『電気学会大学講座 電気電子材料』、2006年初版、2012年初版第4刷)
 
(※ おそらく、電気工学的に専門の知識が必要になるので、高校の理科では説明をしてないのだろう。さて、塩化ビニルとは違い、ポリエチレンは塩素は含んでいないので、電圧が掛かってもポリエチレンからは塩素ガスなど有毒ガスが発生せず、比較的に安全でもあろう。)
 
 
* 「超強力ポリエチレン」と「ゲル延伸」
ポリエチレンには、これとはまったく別の応用もある。
いちぶの運動用シューズなどに、ポリエチレンをゲル状態のときに延伸した材料が用いられており、「超強力ポリエチレン」などと言われている。(※ 実教出版の資料集(高校化学用)に書かれている。)(なお、ポリエチレンをゲル状態のときに延伸することを「ゲル延伸」などと呼んでいる。)
 
 
* 「架橋(かきょう)ポリエチレン」
工業高校の教科書にも書かれていないが、じつは、いちぶの水道管やガス管に、ポリエチレンが用いられている。いくつかの化学メーカーが、おもに住宅用の水道管やガス管の材料として、ポリエチレンを過酸化物で処理した「架橋ポリエチレン」(かきょうポリエチレン)という材料を製造している。架橋ポリエチレンは光によって劣化するので、実用には遮光性のカバーをつける事が必須である。金属管とちがって、架橋ポリエチレンは曲がるので、曲げ部などで溶接の必要が無いので、そのような用途で好まれてる。(金属管の破断などの事故は、溶接部などで起こりやすい。)
 
=== ポリプロピレン ===
[[ファイル:Propylene.PNG|thumb|200px|プロピレン]]
23,379

回編集