「高校化学 合成高分子化合物」の版間の差分

ポリエチレンオキシド
(→‎ポリエチレン: 高校理科の教科書には書かれてないが、じつは、電線の被覆材料にポリエチレンが使われている。)
(ポリエチレンオキシド)
==== ※ 範囲外: ポリエチレンについてのその他の情報 ====
:※ 下記のポリエチレンの応用例は、産業の動向とも関わってくるので、入試に出ないだろう。学生は暗記の必要は無い。
:この単元をはじめて勉強する人は、このコラムには深入りせず、さっさと次の単元に進もう。
 
{{コラム|ポリエチレンについてのその他の情報 (※ 範囲外)|
 
* 電線被覆用のポリエチレン
* 「架橋(かきょう)ポリエチレン」
工業高校の教科書にも書かれていないが、じつは、いちぶの水道管やガス管に、ポリエチレンが用いられている。いくつかの化学メーカーが、おもに住宅用の水道管やガス管の材料として、ポリエチレンを過酸化物で処理した「架橋ポリエチレン」(かきょうポリエチレン)という材料を製造している。架橋ポリエチレンは光によって劣化するので、実用には遮光性のカバーをつける事が必須である。金属管とちがって、架橋ポリエチレンは曲がるので、曲げ部などで溶接の必要が無いので、そのような用途で好まれてる。(金属管の破断などの事故は、溶接部などで起こりやすい。)
}}
 
 
{{コラム|ポリエチレンオキシド (※ 範囲外)|
* ポリエチレンオキシド
[[File:Poly(ethyleneglycol).png|thumb|ポリエチレンオキシド]]
 
ポリエチレンオキシドという、図のような構造式の高分子化合物がある。
 
なお、ウィキペディア日本語版によると、ポリエチレングリコールは、ポリエチレンオキシドの一種である。
 
ポリエチレングリコールは、バイオテクノロジーの実験でプロトプラストと呼ばれる状態の細胞を作る際に、よく用いられる。(※ 『[[高等学校生物/生物II/遺伝情報の発現]]』)
 
なお、ポリプロピレンオキシドという分子もある。(ポリプロピレンについては、のちの単元で後述する。)
}}
 
 
=== ポリプロピレン ===
23,379

回編集