「高等学校化学II/イオン交換樹脂」の版間の差分

イオン交換膜は高校教科書で紹介されている。啓林館や第一学習社など。
(※ 範囲外: たとえばボイラーに使う水の純水化などに、イオン交換樹脂が使われている。 参考文献: 工業高校用の教科書『工業材料』平成16年発行版)
(イオン交換膜は高校教科書で紹介されている。啓林館や第一学習社など。)
純水の製造や、溶液中の成分の濃縮に、'''イオン交換樹脂'''(ion-exchange resin)が用いられている。イオン交換樹脂とは、溶液中のイオンを、べつのイオンに交換する樹脂である。
 
純水の製造には、海水の淡水化(塩水から、(まみず)にすること。)や、他には工業用の純水化がある(※ 範囲外: たとえばボイラーに使う水の純水化などに、イオン交換樹脂が使われている。 参考文献: 工業高校用の教科書『工業材料』平成16年発行版)。
 
:( ※ 範囲外発展:)またイオン交換樹脂は、食塩の製造にも使われている。(※ 参考文献: 化学同人『ベーシック分析化啓林館および第一』、高木誠習社の検定教科書で記述を確認。) 編著「イオン交換膜」という技術が使われる。(※ 本wikibooksでは「イオン交換膜」の詳しい説明は51ページ、2006年第1版、2016年第10刷省略する。
:食塩の製造法をネットで調べたところ、まず海水をもとに、イオン交換膜をつかって食塩水の塩分濃度を上げ、それを他の容器に移して煮詰める事で、食塩を製造している。結局、食塩の製造では、最終的には、塩田と同様に、現代の(イオン交換膜を使う)方法でも最終的に蒸発に頼ることになる。
 
:※ 範囲外: なお、半導体の製造に使う「超純粋」は、じつは純粋な水ではなく、半導体製造用に成分のコントロールされた水である。この超純水の製造も、水道水をもとにイオン交換樹脂で純度を上げた水が、使われているらしい。「工業材料」の教科書にも、超純水の製造にイオン交換樹脂が使われてると書いてある。また、ネットで検索すると、たとえば電機メーカーの日立の技術報告書『日立評論』の、90年代の超純水のイオン交換樹脂による論文の記事も出て来る。
:電気分解は、どうやら半導体製造用の超純水の製造には用いていないようである。たしか1990年代にテレビの科学番組(『たけしの万物創世記』)だったかで、電気分解による超純水の開発の研究があるという話を聞いたような記憶があるが、どうも実用化しなかったようだ。
 
== 陽イオン交換樹脂 ==
 
使用済みの陰イオン交換樹脂は、水酸化ナトリウム溶液などの強塩基を通すことで、イオン交換が再生する。
 
 
== ※ 範囲外: 応用について ==
* 医療用の人工透析
医療でもちいる人工透析でも、イオン交換膜が用いられている。(啓林館の検定教科書で確認。)
 
* 半導体用の超純水
:※ 範囲外: なお、半導体の製造に使う「超純」は、じつは純粋な水ではなく、半導体製造用に成分のコントロールされた水である。この超純水の製造も、水道水をもとにイオン交換樹脂で純度を上げた水が、使われているらしい。「工業材料」の教科書にも、超純水の製造にイオン交換樹脂が使われてると書いてある。また、ネットで検索すると、たとえば電機メーカーの日立の技術報告書『日立評論』の、90年代の超純水のイオン交換樹脂による論文の記事も出て来る。
:電気分解は、どうやら半導体製造用の超純水の製造には用いていないようである。たしか1990年代にテレビの科学番組(『たけしの万物創世記』)だったかで、電気分解による超純水の開発の研究があるという話を聞いたような記憶があるが、どうも実用化しなかったようだ。
 
 
23,377

回編集