「大学生活ガイド/理系」の版間の差分

加筆によって節構造が破壊されたので適切な位置へ移動
(:* いわゆる『ゼミ』は、理系学部では学科によっては、ほとんど行わない。)
(加筆によって節構造が破壊されたので適切な位置へ移動)
 
学校の図書館で教科書を「借りよう」という方法は得策ではありません。「借りよう」という方法だと、定期テスト前などは「貸出中」になっていたりして、テスト対策が勉強できなくなることがあります。
 
 
=== 定期試験の学科ごとの「予備知識」の違いについて ===
理系の大学では、定期試験について、中学・高校とは違うことが、いくつかあります。
 
まず、理系科目の答案は、原則的に、高校卒業までの内容と、その学科の知識だけで分かるように、書く必要があります。
 
 
具体的に言うと、教養課程の『物理学』の科目なら、単位系には、物理学で使われているSI単位系と使う必要があります。
 
もし、機械工学や土木工学などでしか使われてない単位系を、物理科目の『力学』『電磁気学』や数学科目の『線形代数』『微分積分』で用いた場合、減点または不正解あつかいをされる場合があります。
 
同様に、機械工学や電気工学の専門科目で、その学科で教えてない数式を用いた場合、たとえ計算法が合っていても、減点または不正解あつかいをされる場合がありえます。
 
なので、単位系だけでなく用語なども、その科目に合わせる必要があります。
 
普通科高校や中学校とは違って、大学の理系学部では入学までの進路も多様だからです。大学の理系学部では、各科目の定期テストで、他の科目の用語や単位系などを容認することは、原則的には無い のです。
 
 
高校の卒業よび大学入学までは、もしかしたら『物理』教科でも化学や生物学など異分野の知識を要求する大学入試問題など、いちぶの大学入試ではあるのかもしれませんが、しかし大学の定期支援では通常、そのような他分野の複合的な出題はないのです。
 
 
たとい大学教員だって人生の時間は有限ですし、世の中の全ての学問を網羅するのは不可能です。なので、学校教育ではどこかの段階で、答案に容認可能な予備知識を制限する必要があります。その「段階」が、大学入学のこの時なのです。
 
 
大学の定期試験で、たとえ答案中で(他学科で使う)用語の意味を説明しようとも、そもそも、そのような時間も試験中に無いでしょうし、答案にそのような記述用スペースも確保されてないでしょう。
 
 
とにかく、大学生は、とりあえず授業中に教師が使っている単位系や用語に合わせて答案を書けば、問題ないでしょう。また、このため学生は、教員の用語を確認するため、授業には、ほぼ出席せざるをえない必要があります。
 
 
研究や実務では、他分野の文献なども読む必要があるため、実際には企業などでは機械工学や化学や電気工学の用語が混在するようなこともありますが、しかし残念ながら大学では教員の人手不足などの要員もあり、そこまで対応できません。
 
どっちみち就職後にも、書類の作成時などで、なるべく少ない予備知識でも相手に伝わるような文章を書く能力が必要になります。企業では、いろんな経歴の人がいますから。学生時代のテスト答案は「その時のための練習だ」とでも思って、教員の使う用語に合わせて、その学科の予備知識だけで読めるように書きましょう。
 
 
== どのような試験の科目が多いか ==
結論から言うと、
:* 筆記試験による科目がほとんど。このような筆記試験を中心とする科目は、いわゆる『講義』などに分類される。
:* 筆記試験による科目(講義)と、実験科目とは、別科目である。
:* いわゆる『ゼミ』は、理系学部では学科によっては、ほとんど行わない。
 
;解説
理系にかぎらず一般に大学では、単位の取得に筆記試験を要求する科目や、または実験や実習科目など、いろいろあります。
 
実験や実習は、基本的にレポートの提出によって、単位の有無を決めます。
 
高校との違いとして、「実験」だけで、ひとつの科目です。たとえば、教養課程『力学』科目と教養課程『物理学実験』とは、別の科目です。
 
もしアナタの提出した『物理学実験』のレポートの質がどんなに高品質であろうが、もし『力学』の筆記試験の結果が悪ければ、『力学』は不合格になります。
 
 
文科系の大学によくある『ゼミ』は、'''理系の大学では、ほとんどの学科で『ゼミ』科目は無い'''のが普通です。数学科や物理学科などのごく一部の学科でだけ、3年あたりの高学年で『輪講』などの科目名で、特定のテーマについて教師と学生が口頭試問なども交えて話し合って、学生の理解を確認するようなゼミのようなものがあります。
その『輪講』の内容も、文系の『ゼミ』などとは違い、すでに解明されてる定理とその証明を、教員が学生に口頭で確認するだけだったりする科目であり、まったく研究的なことは授業で行わないのが、通常でしょう。
 
 
工学部では、あまり『ゼミ』『輪講』などは行われませんし、科目自体が存在してない場合がほとんどでしょう。
 
 
まとめると、'''日本では大学の理工学部の各科目の試験のほとんどは、筆記試験'''です。 なので普段の学習も、筆記試験を念頭に置いて、学習する必要があります。
 
 
=== 成績評価への対応 ===
 
:(なので、学部生の3年生が卒業研究の研究室を決める時は、志望業種に近い研究室を選ぶのが安全です。せいぜい、その程度しか、企業には卒業研究を評価されないのです。)
 
 
=== 定期試験の学科ごとの「予備知識」の違いについて ===
理系の大学では、定期試験について、中学・高校とは違うことが、いくつかあります。
 
まず、理系科目の答案は、原則的に、高校卒業までの内容と、その学科の知識だけで分かるように、書く必要があります。
 
 
具体的に言うと、教養課程の『物理学』の科目なら、単位系には、物理学で使われているSI単位系と使う必要があります。
 
もし、機械工学や土木工学などでしか使われてない単位系を、物理科目の『力学』『電磁気学』や数学科目の『線形代数』『微分積分』で用いた場合、減点または不正解あつかいをされる場合があります。
 
同様に、機械工学や電気工学の専門科目で、その学科で教えてない数式を用いた場合、たとえ計算法が合っていても、減点または不正解あつかいをされる場合がありえます。
 
なので、単位系だけでなく用語なども、その科目に合わせる必要があります。
 
普通科高校や中学校とは違って、大学の理系学部では入学までの進路も多様だからです。大学の理系学部では、各科目の定期テストで、他の科目の用語や単位系などを容認することは、原則的には無い のです。
 
 
高校の卒業よび大学入学までは、もしかしたら『物理』教科でも化学や生物学など異分野の知識を要求する大学入試問題など、いちぶの大学入試ではあるのかもしれませんが、しかし大学の定期支援では通常、そのような他分野の複合的な出題はないのです。
 
 
たとい大学教員だって人生の時間は有限ですし、世の中の全ての学問を網羅するのは不可能です。なので、学校教育ではどこかの段階で、答案に容認可能な予備知識を制限する必要があります。その「段階」が、大学入学のこの時なのです。
 
 
大学の定期試験で、たとえ答案中で(他学科で使う)用語の意味を説明しようとも、そもそも、そのような時間も試験中に無いでしょうし、答案にそのような記述用スペースも確保されてないでしょう。
 
 
とにかく、大学生は、とりあえず授業中に教師が使っている単位系や用語に合わせて答案を書けば、問題ないでしょう。また、このため学生は、教員の用語を確認するため、授業には、ほぼ出席せざるをえない必要があります。
 
 
研究や実務では、他分野の文献なども読む必要があるため、実際には企業などでは機械工学や化学や電気工学の用語が混在するようなこともありますが、しかし残念ながら大学では教員の人手不足などの要員もあり、そこまで対応できません。
 
どっちみち就職後にも、書類の作成時などで、なるべく少ない予備知識でも相手に伝わるような文章を書く能力が必要になります。企業では、いろんな経歴の人がいますから。学生時代のテスト答案は「その時のための練習だ」とでも思って、教員の使う用語に合わせて、その学科の予備知識だけで読めるように書きましょう。
 
 
=== どのような試験の科目が多いか ===
結論から言うと、
:* 筆記試験による科目がほとんど。このような筆記試験を中心とする科目は、いわゆる『講義』などに分類される。
:* 筆記試験による科目(講義)と、実験科目とは、別科目である。
:* いわゆる『ゼミ』は、理系学部では学科によっては、ほとんど行わない。
 
;解説
理系にかぎらず一般に大学では、単位の取得に筆記試験を要求する科目や、または実験や実習科目など、いろいろあります。
 
実験や実習は、基本的にレポートの提出によって、単位の有無を決めます。
 
高校との違いとして、「実験」だけで、ひとつの科目です。たとえば、教養課程『力学』科目と教養課程『物理学実験』とは、別の科目です。
 
もしアナタの提出した『物理学実験』のレポートの質がどんなに高品質であろうが、もし『力学』の筆記試験の結果が悪ければ、『力学』は不合格になります。
 
 
文科系の大学によくある『ゼミ』は、'''理系の大学では、ほとんどの学科で『ゼミ』科目は無い'''のが普通です。数学科や物理学科などのごく一部の学科でだけ、3年あたりの高学年で『輪講』などの科目名で、特定のテーマについて教師と学生が口頭試問なども交えて話し合って、学生の理解を確認するようなゼミのようなものがあります。
その『輪講』の内容も、文系の『ゼミ』などとは違い、すでに解明されてる定理とその証明を、教員が学生に口頭で確認するだけだったりする科目であり、まったく研究的なことは授業で行わないのが、通常でしょう。
 
 
工学部では、あまり『ゼミ』『輪講』などは行われませんし、科目自体が存在してない場合がほとんどでしょう。
 
 
まとめると、'''日本では大学の理工学部の各科目の試験のほとんどは、筆記試験'''です。 なので普段の学習も、筆記試験を念頭に置いて、学習する必要があります。
匿名利用者