「エストニア語/直接法の動詞と対格」の版間の差分

翻訳完了。チェックできる方はお願いします。
(翻訳。途中。問題の部分のシステムは前回に倣った。)
(翻訳完了。チェックできる方はお願いします。)
最後の二つはエストニア語の「長」と「超長」という"音長"や"アクセント"の例である。超長の音節はドットとともに示される。<!--正確性に疑問。http://sipsik.world.coocan.jp/download/opik_pdf/Opik99_2005.pdf#search=%27%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A2%E8%AA%9E+%E5%AF%BE%E6%A0%BC%27やエストニア語版ウィキペディアを参照。ドット→アクセント記号?-->エストニア語では、単語のアクセントはだいたい第一音節に来る。超長の単語はアクセントが必要である(ただ、聴者にはいつも理解できないというわけではない。)。また、長の音節が長すぎて伸ばせないのに対し、超長の音節はいくらでも伸ばすことができる。
 
''.kassi''は理解できなくならずに簡単に''ss''から伸ばすことができる。''.koera''は''e''または二重母音''oe''から伸ばせる。しかしながら、後者は聴くほうも話すほうも難しいだろう。必ずしも対格が超長の音長を暗示するわけではなく、これはそれぞれの単語を覚えづらくするためにエストニア語の格を作っている。表の最後の3つの単語は単数の代名詞である。それらのうち2つは超長だが、一つの音節しかない。
''.kassi'' can be stretched easily from the ''ss'' without becoming incomprehensible. ''.koera'' can be stretched from the ''e'', or the ''oe'' diphtong, although the latter might be more difficult for the listener (and the speaker). Not all Accusative cases infer the Overlong quantity, and this makes Estonian cases for each word more difficult to remember. The last 3 words in the table are the singular pronouns - two of these are Overlong but have only one syllable.
 
=== Morphological types形態論的タイプ ===
[[w:en:Institute of the Estonian Language|エストニア語学院]]は、各名詞を分類する各文法辞典[http://www.eki.ee/dict/qs/muuttyybid.html list of morphological types](muuttüübid)を発行しており、形容詞と動詞は、同様の方法で曲用または活用する単語に基づいて分類されている。26のタイプの曲用(名詞と形容詞)と11のタイプの活用(動詞)が載っている。(ただし、エストニア語。)
The Estonian Language Institute publishes with each grammatical dictionary a [http://www.eki.ee/dict/qs/muuttyybid.html list of morphological types] (muuttüübid) that classify each noun, adjective and verb according to a type number for words that decline or conjugate in a similar way. There are 26 types for words that '''decline''' (nouns and adjectives) and 11 types for words that '''conjugate''' (verbs).
 
== エストニア語の動詞 ==
== First Estonian verbs ==
{|class="wikitable"
!rowspan=2|English<br/>Infinitive意味
!colspan=6|Indicative Present直接法現在
|-
!I ''mina''
!they ''nemad''
|-
|~である(英語のbe)
|to be
|olen
|oled
|on
|-
|知っている
|to know
|tean
|tead
|teavad
|-
|欲しがる
|to want
|tahan
|tahad
|tahavad
|-
|見る
|to see
|näen
|näed
|näevad
|-
|聞こえる
|to hear
|kuulen
|kuuled
|kuulevad
|-
|食べる
|to eat
|söön
|sööd
|söövad
|-
|探す
|to look for
|otsin
|otsid
|otsivad
|-
|読む
|to read
|loen
|loed
 
*See on tüdruku <span title="林檎 (主格)">'''õun'''</span>
**<span title=これ(あれ)は少女のリンゴだ。>'''解答'''</span>
**This is a/the girl's apple<br/>That is a/the girl's apple
 
*Ta sööb <span title="林檎 (対格)">'''õuna'''</span>
**<span title=彼/彼女は林檎を食べる。 or 彼/彼女は林檎を食べている。>'''解答'''</span>
**He/She eats a/the apple<br/>He/She is eating a/the apple
 
*<span title="この (限定詞)">'''See'''</span> maja on <span title="私の家 (主格)">'''minu kodu'''</span>
**<span tilte=この家は私の家です。>'''解答'''</span>
**This house is my home
 
*<span title="彼/彼女 (主格)">'''Ta'''</span> tahab <span title="林檎 (対格)">'''õuna'''</span>
**<span tilte=彼/彼女は林檎をほしがっている。>'''解答'''</span>
**He/She wants an/the apple
 
*Sina tead <span title="this/that (対格)">'''seda'''</span>
**<span title=あなたはそれを知っている。>'''解答'''</span>
**You (singular) know that
 
*Ma kuulen <span title="あなた (対格)">'''sind'''</span>
**<span title="I hear you">'''解答'''</span>
 
*Ma <span title="(I) read">'''loen'''</span> <span title="本 (対格)">'''raamatut'''</span>
171

回編集