「高等学校日本史B/律令国家への道」の版間の差分

内臣(うちつおみ)に中臣鎌足を登用
(中学校社会 歴史/飛鳥時代 2018年2月26日 (月) 02:21‎ から白村江の戦いについて引用。その他、高校用に追記中。)
(内臣(うちつおみ)に中臣鎌足を登用)
 
 
なお、新政権は右大臣に阿部内麻呂(あべのうちまろ)を登用し、左大臣に蘇我倉山石川麻呂を登用し、内臣(うちつおみ)に中臣鎌足を登用した。(※ 左大臣に我氏がいることに注目。)
 
(しかし649年に、蘇我倉山石川麻呂は謀反をうたがわれて自殺に追い込まれてしまう。(※ よって彼は業績を残せず、このためか、検定教科書には蘇我倉山石川麻呂について書いてない検定教科書も多い。)(※ 山川出版の詳説日本史には、蘇我倉山石川麻呂について書いてある。) )
18,127

回編集