「高等学校歴史総合/満州事変」の版間の差分

(『高等学校歴史総合/世界恐慌とブロック経済』2015年11月18日 (水) 03:52‎ から、高橋是清の金輸出禁止について引用。)
 
== 金輸出の再禁止 ==
(高橋是清(たかはし これきよ)は、デフレ恐慌が昭和恐慌の正体だということに気付いたのか、)(そしてその原因が金本位制への復帰だということに気付き、)1931年に成立した犬養毅(いぬかい つよし)内閣での蔵相 高橋是清は、組閣直後ただちに'''金輸出の再禁止'''をして'''管理通過制度'''(かんりつうか せいど)に移行した。これによって外国為替での円相場は下落し、またインフレーションになったが、円安となったため輸出は好調になり、そして日本は綿工業を中心として繊維工業で、世界一位となった。
 
そして日本は綿工業を中心として繊維工業で、世界一位となった。イギリスなどからは、日本は'''ソーシャル・ダンピング'''していると批判された。
また、軍需産業や恐慌対策などの予算を増やすことで、産業保護的な経済政策を行った。
:「ダンピング」とは、まずは無理な安売りによって競争相手をつぶすことで自社のシェアを伸ばすなどで市場を独占・寡占した後に、そのあと価格を釣り上げるなどして暴利を得ること。(なお現代の日本では、独占禁止法などでダンピング商法を禁止している。)
 
また、軍需産業や恐慌対策などの予算を増やすことで、産業保護的な経済政策を行った。この効果で、日本では重化学工業が発展し、自動車工業も発展した。化学工業などでは日産(にっさん)や日窒(にっちつ)などの'''新興財閥'''が台頭し、軍部と関わって朝鮮・満州にも進出した。
そして日本は綿工業を中心として繊維工業で、世界一位となった。イギリスなどからは'''ソーシャル・ダンピング'''として批判された。
 
「ダンピング」とは、まずは無理な安売りによって競争相手をつぶすことで自社のシェアを伸ばすなどで市場を独占・寡占した後に、そのあと価格を釣り上げるなどして暴利を得ること。(なお現代の日本では、独占禁止法などでダンピング商法を禁止している。)
また、既成財閥も競合して日本国内の重化学工業化を行った。
18,114

回編集