「高等学校歴史総合/満州事変」の版間の差分

滝川事件
(滝川事件)
 
また、既成財閥も競合して日本国内の重化学工業化を行った。
 
== 思想の取り締まり ==
京大(京都帝国大学)教授 滝川幸辰(たきがわゆきとき)は、その刑法学説が危険思想であるとして問題視され、休職処分となった('''滝川事件''')。京大法学部は、処分に抗議し、全教官が辞表を提出したが、教員側の敗北に終わり、滝川ら8名の教員が免職となった。
 
帝国議会で、滝川らを攻撃したのは文相 鳩山一郎。(※ 高校の範囲内。実教出版の教科書に書いてある。)
 
1935年には、それまで定説であった美濃部達吉の天皇機関説が、貴族院え軍出身議員の菊池武勇によって反国家的であると排撃され、政治問題化した('''天皇機関説事件''')。
 
そして「国体明徴声明」(こくたい めいちょう せいめい)では、主権は天皇になると発表され、天皇機関説を否認した。
18,114

回編集