「高等学校日本史B/律令国家への道」の版間の差分

* まめ知識 貴族の人数は、全国あわせて200人ほどだと考えられている。(※ 中学の東京書院の教科書で紹介の話題。)
(順序の入れ替え。高校用の話題の追加など。)
(* まめ知識 貴族の人数は、全国あわせて200人ほどだと考えられている。(※ 中学の東京書院の教科書で紹介の話題。))
 
また、地方と都との連絡のために、駅(えき)がつくられた。駅には、馬とその乗り手が配置され、伝令の仕事をした。(※ 中学の帝国書院の教科書や、高校の清水書院の教科書などで紹介の話題。)
 
 
;まめ知識
貴族の人数は、全国あわせて200人ほどだと考えられている。(※ 中学の東京書院の教科書で紹介の話題。) なお、朝廷の役人は1万人ほど。平城京の人口は10万人ほど。(※ 中学の自由社の教科書より。)チャイナの長安の人口は100万人ほど。(※ 中学の自由社の教科書より。)
 
日本において、国ごとに置かれた役所のことを国府(こくふ)という。(※ 中学の教育出版の教科書より。)
 
この頃の時代の日本では、役所では、印鑑(いんかん)を文書に押して証明書とする制度が整った。(※ 中学の帝国書院の教科書より。)
 
== 農民などの暮らし ==
18,127

回編集