「刑事訴訟法第350条の28」の版間の差分

編集の要約なし
M (Mtodo がページ「刑事訴訟法第350条の13」を「刑事訴訟法第350条の28」に移動しました: 法改正に伴う条数変更)
編集の要約なし
 
==条文==
;第350条の1328
: 裁判所は、[[刑事訴訟法第350条の822|第350条の822]]の決定があった事件については、できる限り、即日判決の言渡しをしなければならない。
 
==解説==
|[[コンメンタール刑事訴訟法|刑事訴訟法]]
|[[コンメンタール刑事訴訟法#2|第2編 第一審]]<br>
[[コンメンタール刑事訴訟法#2-45|第45章 即決裁判手続]]<br>
[[コンメンタール刑事訴訟法#2-45-4|第4節 公判の裁判の特例]]<br>
|[[刑事訴訟法第350条の1227|第350条の1227]]<br>
|[[刑事訴訟法第350条の1429|第350条の1429]]<br>
}}
 
{{stub}}
[[category:刑事訴訟法|350の1328]]
576

回編集