「将棋」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
▲5六歩と同じようでも、△8四歩
 
# ▲7六歩△8五歩▲7七角△3四歩と進むと、角交換から△4五角の筋があるため、▲6六歩と角道を止めざるを得ない。
# ▲4八玉△8五歩▲7八金と角道を開けずに駒組みを進める[[:w:原始中飛車|原始中飛車]]は、初級者向きの戦法とされる。
初手▲7八飛戦法。猫だまし戦法とも。
 
初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩の[[石田流]]では、△8八角成、△1四歩、△4二玉などの手に対応する必要があるが、初手▲7八飛では
△3四歩▲4八玉△8四歩▲3八玉△8五歩▲7六歩△6二銀<ref>△8六歩▲同歩△同飛は▲2二角成△同銀▲7七角。</ref>▲7五歩で[[:w:升田式石田流|升田式石田流]]を目指す狙いがある。
 
# △3四歩▲4八玉△8四歩▲3八玉△8五歩▲7六歩△6二銀<ref>△8六歩▲同歩△同飛は▲2二角成△同銀▲7七角。</ref>▲7五歩[[:w:升田式石田流|升田式石田流]]を目指す狙いがあに限定できる。
# △8四歩▲7六歩と進むと、初手から▲7六歩△8四歩▲7八飛に合流する。
 
{{-}}
|1手目▲6六歩まで}}
 
[[/▲7六歩/△3四歩/▲6六歩|△3四歩▲7六歩]]あるいは[[/▲7六歩/△8四歩/▲6六歩|△8四歩▲7六歩]]で定跡手順に合流するが、△3四歩▲6八飛と四間飛車を目指す指し方
 
初手から▲7六歩△3四歩▲6六歩では、△8四歩を保留して[[:w:右四間飛車|右四間飛車]]などに構えられる場合がある。
 
▲6六歩△3四歩▲6八飛と[[:w:四間飛車|四間飛車]]に構えた場合すれば、△8四歩突かれなければ▲7六歩の一手を▲4八玉や▲1六歩などほかの手に回せるため、後手の△8四歩を催促している意味がある{{sfn|鈴木|2010|p=21|ps=([[:w:藤井猛|藤井猛]]の見解)}}。
 
▲6六歩△3四歩▲6八飛△3二飛と[[:w:相振り飛車|相振り飛車]]になった場合、▲6五歩と突き出すことができる(角道が通っていると角交換から△4五角がある)。
 
{{-}}
136

回編集