「生活と進路」の版間の差分

編集の要約なし
* 保育園
 
: 一般に保育園と呼ばれているが、正式には保育所である。保育所は法的には学校ではなく、児童福祉施設であり、忙しい親にって子守をする施設として位置づけされていである。ただし、保育所でも友達を作ることができるので、学ぶことは多い。保育所の先生は、「保育士」であり、福祉人である。
 
* 盲学校の幼稚部、聾学校の幼稚部、養護学校の幼稚部
* 小学校
 
: 小学校では、実生活に必要なことを中心に学ぶことができる。このようなことを教えることは「初等普通教育」と呼ばれる。国語、社会、算数、理科、生活、音楽、図画工作、家庭、体育の教科がある。このほかにも総合的な学習の時間、道徳の時間、クラブ活動児童会活動委員会活動を含む)もある。
 
* 盲学校の小学部、聾学校の小学部、養護学校の小学部
* 中学校
 
: 小学校の内容をさらに発展させた内容を学び、社会の一員となって、自分自身を活かせるようになること学ぶ。このようなことを教えることは「中等普通教育」と呼ばれる。国語、社会、数学、理科、外国語(原則で英語)、音楽、美術、技術・家庭、保健・体育の教科がある。このほかにも総合的な学習の時間、道徳の時間、生徒会活動委員会活動を含む)もある。
 
* 盲学校の中学部、聾学校の中学部、養護学校の中学部
匿名利用者