「高等学校日本史A」の版間の差分

→‎貿易の影響: 誤字修正
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎貿易の影響: 誤字修正)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
===貿易の影響===
1859(安政6)年から貿易が始まり、その中心港は'''横浜'''で、取引全体のおよそ3分の2を占めていた。また、アメリカ南北戦争のために貿易に手が回らず、取引の相手国としては'''イギリス'''がトップとなった。
日本の輸入品は'''毛織物'''や'''綿織物'''が70%以上を占め、輸出品は'''生糸'''や'''茶'''、'''蚕卵紙'''がほとんどだった。
貿易が始まってから1866年までの7年間は大幅な輸出超過であり、国内の物価の高騰をまねいた。幕府は1860(万延元)年、'''五品江戸廻送令'''を出し、雑穀・水油(菜種油)・蝋・呉服・生糸の5品は必ず江戸の問屋を経由させてから輸出するようにした。