「高等学校日本史A」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
==第一章 明治維新==
# [[高等学校日本史A/第一章 明治維新]] {{進捗|25%|2015-09-01}}
===公武合体運動と尊王攘夷運動===
桜田門外の変後、幕藩体制を維持するために、開明的な幕臣や有力大名たちは朝廷と幕府の融和によって政局を安定させようとした。老中'''安藤信正'''は、攘夷の決行を条件に孝明天皇の妹'''和宮'''を家茂と結婚させたが、反対派によって襲われ負傷した('''坂下門外の変''')。
薩摩藩主の父'''島津久光'''は1862(文久2)年、'''寺田屋事件''' によって藩内の過激な尊攘派を殺害した。そして、同年、大原重徳を勅使として奉じて江戸に下り、幕政の改革を求めた。一橋慶喜を'''将軍後見職'''、松平慶永を'''政事総裁職'''に、また、会津藩の'''松平容保'''を'''京都守護職'''に任命させ、洋式軍隊の制度を整え、参勤交代の緩和や政治犯の赦免などを行った('''文久の改革''')。また、江戸からの帰路で、行列を横切ったイギリス人の青年らを切り捨てる'''生麦事件'''が発生する。
和宮の政略結婚時に約束した攘夷の決行を長州藩や朝廷側が'''三条実美'''を江戸に下して迫ったため、幕府は1863(文久3)年5月10日からの攘夷開始を諸藩に命じた。そこで、その日から長州藩は下関海峡をとおる外国船を砲撃した(長州藩外国船砲撃事件)。また、生麦事件をおこした薩摩藩は報復としてイギリス海軍に攻撃され('''薩英戦争''')、攘夷の不可能を悟った。そして、会津藩とともに、朝廷の実権を奪って三条実美ら尊攘派公家を含む長州藩勢力を京都から追放した('''八月十八日の政変''')。
長州藩は勢力を回復するために京都守護職松平容保下の新撰組に尊攘派が殺された'''池田屋事件'''をきっかけに京都に攻め上ったが、薩摩・会津・桑名藩などに敗れた('''蛤御門の変'''['''禁門の変'''])。このため長州藩は賊軍と見なされ、'''第一次長州征討'''が始まり、ついに幕府に降伏した。さらに、外国船砲撃事件の復讐として英・仏・米・蘭の連合艦隊によって下関を占領された('''四国艦隊下関砲撃事件''')。これによって長州藩も攘夷不可能を認識することになった。
 
==第二章 立憲国家==