「Windows API」の版間の差分

(Win32 API でテキストファイルなどの読み書きをする際、原則的に文字コードとしてUnicodeを使う。)
 
=== ファイルの読み書き ===
まず、Win32 API でテキストファイルなどの読み書きをする際、文字列型でTCHARなどのマルチバイト文字列を使っているので、原則的にテキストファイルの文字コードとしてUnicodeを使う。(ただし、文字列型でcharを使っている場合には、文字コードをANSIにする。なお、ウィンドウズの日本語の文字コードの Shift-JIS はANSIに含まれる。)
 
なので、テスト用のテキストファイルを作る際、Unicode に変換する必要がある。
 
Windowsアクセサリ「メモ帳」で「名前をつけて保存」を選ぶと、ダイアログボックスの下のほうに「文字コード」という項目があるので、そこで 「Unicode」 を選んで保存すればいい。
 
 
 
== 参考リンク ==
20,382

回編集