「Windows API」の版間の差分

→‎イベントドリブン方式: Win32APIプログラミングでは、いわゆる「無限ループ」をプログラマーが新規に書くことは、通常、ありません。もし、無理やり書いても、動作が遅くなったり、バグの原因になります。 Visual Studio での Win32APIのテンプレート作成時に、アプリを終了させないための無限ループのようなものが、すでに書かれているので、通常は、そのテンプレートを流用します。
(→‎イベントドリブン方式: Win32APIプログラミングでは、いわゆる「無限ループ」をプログラマーが新規に書くことは、通常、ありません。もし、無理やり書いても、動作が遅くなったり、バグの原因になります。 Visual Studio での Win32APIのテンプレート作成時に、アプリを終了させないための無限ループのようなものが、すでに書かれているので、通常は、そのテンプレートを流用します。)
 
そして、このタイマーのブロックにも、けっして「何秒、経過したか」という時間経過のプログラムだけでなく、さらに時間経過イベント後に必要になる処理も一緒に書くことになります。
 
 
なお、Win32APIプログラミングでは、いわゆる「無限ループ」をプログラマーが新規に書くことは、通常、ありません。もし、無理やり書いても、動作が遅くなったり、バグの原因になります。
 
Visual Studio での Win32APIのテンプレート作成時に、アプリを終了させないための無限ループのようなものが、すでに書かれているので、通常は、そのテンプレートを流用します。
 
== 文字表示の命令 ==
20,382

回編集