「Windows API」の版間の差分

(文字コードやファイル入出力について修正。)
文字コードは、マイクロソフトの各ソフトウェアの標準設定に合わせておくのが、簡単である。
 
アクセサリ「メモ帳」などテキストエディタの文字コードは、WindowsではANSIが標準の文字コードなので、メモ帳で作成したテキストファイルの文字コードをANSIに合わせておくのが簡単である。テキストファイルの文字コードを「ANSI」に設定するには、「名前をつけて保存」の際に「文字コード」の欄を「ANSI」にすれば良い
 
なお、マイクロソフト社の言う「ANSI」とは、けっして本物のANSI(いわゆるASCII(アスキー)コード)ではなく、マクロソフト社コード番号 CP932 という、ASCIIを拡張して日本JIS漢字規格など各国の規格などを追加したマイクロソフト社独自の文字コードのことである。日本では Shift-JIS として知られる。
 
 
Visual Studio の文字コードは、いじらないのが安全であるが、もし、すでにいじってしまった場合、UnicodeがVisual Studioの標準設定なので、Unicodeにすればいい。
20,382

回編集