「Windows API」の版間の差分

Win32APIで扱える画像は、標準設定のままでは ビットマップ画像(.bmp)しか扱えない。 PNG画像などを扱いたい場合には、GDI+をインクルードする必要がある。
(Win32APIで扱える画像は、標準設定のままでは ビットマップ画像(.bmp)しか扱えない。 PNG画像などを扱いたい場合には、GDI+をインクルードする必要がある。)
;結論:
上述のような様々な理由が合わさり、win32APIでは、日本語文字の格納は、wchar_t 型で行うのが望ましいだろう。
 
== 画像 ==
Win32APIで扱える画像は、標準設定のままでは ビットマップ画像(.bmp)しか扱えない。
 
PNG画像などを扱いたい場合には、[[w:Graphics Device Interface|GDI+]]をインクルードする必要がある。
 
 
単に
<source lang=c>
#include <gdiplus.h>
</source>
と冒頭に書くだけで、GDI+をインクルードできる。
 
また、ビットマップには、画像の透明化の機能がないため、初等的な方法ではWin32APIで画像を透明化できない。例えば、矢印型マウスカーソル画像のように、矢印画像の外側を透明化するような機能は、ビットマップには無い。
 
どうしてもWin32APIで画像の透明化を行いたい場合には、MaskBlt 関数などを利用して、透明化の機能を自作する必要が生じてしまう。
 
しかし、透明化の自作はメンドウだし、普通はそういうことはせず、GDI+のインクルードなどをして、PNG画像など透明化の機能をもった画像形式を活用するのhが一般的である。
 
 
 
== 参考リンク ==
20,382

回編集